2020年07月19日

今年は梅雨明けが少し遅いような気がします。

今年は梅雨明けが少し遅いような気がします。



posted by かずぼん at 22:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月10日

大阪では梅雨入りしたようです。

大阪では梅雨入りしたようです。



posted by かずぼん at 19:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月31日

与謝野晶子歌碑

歌人与謝野晶子が大正6(1917)年に観劇した際に詠んだ句が刻まれている。

所在地:兵庫県宝塚市(宝来橋南詰め)

DSCN9138.JPG





posted by かずぼん at 10:57| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宝塚温泉碑

宝塚の温泉は鎌倉時代からその存在を京の都まで知られていたそう。

所在地:兵庫県宝塚市(宝来橋南詰め)

DSCN9137.JPG






posted by かずぼん at 10:54| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宝塚文化創造館(宝塚音楽学校旧校舎)

宝塚音楽学校の旧校舎を改装した文化施設。

窓口受付時間:9時〜17時
休館日:水曜日(祝日を除く)、年末年始
駐車場:あり
業務案内:文化交流ホール、レッスンルーム、すみれ♪ミュージアムの運営
電話:0797-87-1136
所在地:兵庫県宝塚市武庫川町6-12

[ここに地図が表示されます]


DSCN9114.JPG





posted by かずぼん at 10:52| 建築物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

慈眼寺

慈眼寺は兵庫県伊丹市にある曹洞宗の寺院である。山号は僊園山。 建久6年(1195年)製の本尊・木造釈迦如来坐像は国の重要文化財に指定されている。

○歴史
創建は不詳。南北朝時代は赤松則村の祈祷所であった。 かつては真言宗仙園寺であったが、池田村(現・大阪府池田市)の曹洞宗大広寺より桂昌が入り、曹洞宗慈眼寺となった。

○文化財
木造釈迦如来坐像-平成2年(1990年)国の重要文化財に指定。胎内に建久6年の墨書銘があり、鎌倉時代初期の慶派の特色が現れている。目には玉眼をはめこみ、全体に金箔を施している。

○所在地・交通
兵庫県伊丹市鴻池6-19-59
伊丹市営バス鴻池下車

[ここに地図が表示されます]


DSCN9271.JPG

DSCN9272.JPG

DSCN9274.JPG

DSCN9275.JPG



ラベル: 伊丹市 兵庫県
posted by かずぼん at 10:44| 神社寺散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

芥川城跡

芥川城は、旧芥川宿を含む結構広い城域を持っていたと資料にはあるが、今は旧芥川宿の北(JTの工場の西側)にある芥川遺跡の側の民家脇に石碑だけが残り、城の遺構など何も残っていない。芥川城の築城年代は定かではないが、鎌倉時代後期に芥川宿を根拠とした芥川氏によって築かれた。応仁の乱では、芥川氏は三宅・吹田・茨木氏らと共に東軍に属して戦ったが、応仁元年に大内政弘の軍門に降った。延徳3年、細川政元が芥川城を再建して重臣能勢頼則を城主とした。永正12年頃には芥川山城が築かれれ、その後芥川城はどのようになったかは定かではない。

住所:大阪府高槻市殿町

DSCN9229.JPG




ラベル: 高槻市 大阪府
posted by かずぼん at 10:42| 城・陣屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

芥川遺跡

紫町公園にある縄文時代や弥生時代の集落遺跡のようです。

所在地:大阪府高槻市紫町(紫町公園)

[ここに地図が表示されます]


DSCN9226.JPG



posted by かずぼん at 10:40| 遺跡散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高槻城東大手門跡碑

高槻城の表玄関で最も重要な入り口だった場所。門内に家老や郡奉行の屋敷があった。

住所:大阪府高槻市城内町〜八幡町

DSCN9185.JPG

DSCN9186.JPG



ラベル: 高槻市 大阪府
posted by かずぼん at 10:38| 城・陣屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

八幡神社

高槻城内にあった神社の1つ。洪水で流れ着いた応神天皇像と白羽矢をまつったのが始まりと伝わる。

住所:大阪府高槻市八幡町2-9

[ここに地図が表示されます]


DSCN9180.JPG

DSCN9183.JPG

DSCN9182.JPG

DSCN9184.JPG



posted by かずぼん at 10:35| 神社寺散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月30日

鴻池神社

鴻池神社は兵庫県伊丹市鴻池にある神社である。例祭は鴻池だんじり祭。
○祭神
主祭神は勾大兄(まがりのおおえ、安閑天皇)、配祀神は誉田別命(応神天皇)。

○歴史
古くは「安閑天王神社」と称し、江戸時代までは「蔵王権現」と称していた。明治3年(1870年)「安閑天皇社」へ改称、大正7年(1918年)には慈眼寺にあった鴻池村の村社八幡神社を合祀し、現社名「鴻池神社」となった。 平成7年(1995年)には兵庫県南部地震により元禄6年(1693年)建立の拝殿が倒壊したが、平成9年(1997年)に再建された。

○社殿・境内
本殿:一間社流造?葺。江戸時代中期(17世紀初頭)の建造と考えられる。

○祭事・年中行事
鴻池だんじり祭例祭:だんじり祭が行われる。宝塚型幕式地車1基を有する。
例祭:10月9日に近い土・日曜日

○文化財
本殿が兵庫県指定重要有形文化財に指定されている。

○交通
伊丹市バス「鴻池」バス停下車徒歩5分

○所在地
兵庫県伊丹市鴻池6-22-52

[ここに地図が表示されます]




DSCN9281.JPG

DSCN9276.JPG

DSCN9278.JPG

DSCN9279.JPG

DSCN9282.JPG



posted by かずぼん at 21:35| 神社寺散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平林寺

平林寺は兵庫県宝塚市にある真言宗単立の寺院。山号は武庫山(むこざん)。武庫七寺の1つ。本尊は釈迦如来。 塔頭は東寺真言宗成就院、高野山真言宗西光院、真言宗大覚寺派成福院、真言宗大覚寺派宝寿院。

○歴史
寺伝によれば、飛鳥時代、用明天皇の命で聖徳太子が創建し、平安時代に如一尼が再興したという。天正6年(1578年) 荒木村重の反乱に巻き込まれて焼失し、江戸時代に再興された。

○文化財
釈迦如来坐像-室町時代初期、市指定有形文化財
十一面観音菩薩立像
薬師如来像
石造露盤-鎌倉時代、市指定有形文化財

○札所
摂津国三十三ヶ所霊場の第2番
摂津国八十八箇所第73番

○所在地
〒665-0071兵庫県宝塚市社町4-7

[ここに地図が表示されます]


DSCN9387.JPG

DSCN9389.JPG

DSCN9392.JPG



ラベル: 宝塚市 兵庫県
posted by かずぼん at 21:32| 神社寺散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月04日

大利鼎吉遭難の地

大利鼎吉は、幕末の志士。天保13年(1842)生まれ。武市瑞山、通称半平太の土佐勤皇党に加わる。慶応元年(1865)、天王寺の万福寺に屯所を置いていた大坂新撰組は、土佐藩浪士の不穏な情報を得、襲撃を実行。浪士の潜伏先がぜんざい屋だったために俗に「ぜんざい屋事件」と呼ばれる。この時惨殺されたのが大利鼎吉である。新撰組の隊士4人に襲われ、24歳の命を絶った。大坂出身の新撰組隊士の谷兄弟が強襲をかけたとき、ほとんどの浪士は外出中で、部屋にいたのは店主と大利鼎吉の2人のみ。大利鼎吉の奮闘もあり、討ち取るまで4人がかりで1時間を要したといわれている。明治31年(1898)、「正5位」を贈られている。石碑には「ちりよりも かろき身なれど大君に こころばかりは けふ報ゆるなり」

所在地:大阪府大阪市中央区瓦屋町1-11



DSCN9003.JPG



posted by かずぼん at 16:03| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

丼池繊維会館

大阪・船場の丼池筋に建つ丼池繊維会館。大正11年、愛国貯蓄銀行の店舗として建設され、竣工94年目となる2016年春、当時の装いを再現しつつ、建物が辿ってきた歴史の痕跡を残しながらリノベーションされた。サイディングで覆われ、ありきたりな古いテナントビルにしか見えなかった建物を、歴史ある建築物として甦らせた、大阪で一番新しい近代建築。建物内部は、梁の装飾や素地の良さを活かした手を加えすぎない仕上げが施されており、他の建物に使用されていた什器を再利用した家具や木製の建具が映える。 丼池会館の再生プロジェクトには、時代とともに街に埋もれてしまった価値ある建築物を見出し、服飾雑貨のお店が集積する丼池にクリエーターやデザイナーが集い、アパレルを中心としたものづくりショップやアトリエ、ギャラリーを呼び込むことで、地域の活性化を促すという思いがこめられている。一度はこの建物を埋もれさせてしまった街にとって、活気のあった時代を知るこの大正時代の古い建物が新しい要素として受け止められ、大いに刺激になりそうな予感を感じられることがとても面白い。


所在地:大阪府大阪市中央区久太郎町3-1-16
竣工:1922年(大正11年)
改修:2016年
企画:合資会社マットシティ(みんなの不動産)
改修設計:高岡伸一建築設計事務所
改修施工:ミドリテック
面積
敷地面積: 245.88u
延床面積: 638.0u
規模/構造:地上3階地下1階搭屋1階鉄筋コンクリート造



DSCN9006.JPG

DSCN9005.JPG

DSCN9008.JPG









posted by かずぼん at 16:01| 建築物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月27日

ゴールデンウィークですがやることは無い。

ゴールデンウィークですがやることは無い。



ラベル:日記
posted by かずぼん at 17:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月14日

今月は撮影に入っていません。

今月は撮影に入っていません。コロナウイルスの兼ね合いがありますので。




ラベル:日記
posted by かずぼん at 13:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月15日

容住寺

聖徳太子が中山寺へ向かう途中にこの地で休憩した際、霊感を受け創建を命じたと伝わる。伊丹市では最古の仏像である本尊の十一面観音坐像ほか、太子16歳の童子像を安置。


住所:兵庫県伊丹市荒牧1丁目17−30

[ここに地図が表示されます]


DSCN8102.JPG

DSCN8104.JPG

DSCN8103.JPG



ラベル: 兵庫県 伊丹市
posted by かずぼん at 09:41| 神社寺散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

八王子神社

創建不詳。境内の板碑は正応3(1290)年造立で、年号の入った石造物としては宝塚市内としては最古。


所在地:兵庫県宝塚市中筋6-8-2

[ここに地図が表示されます]


DSCN8079.JPG

DSCN8085.JPG

DSCN8081.JPG




posted by かずぼん at 09:39| 神社寺散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天日神社

○由緒
創立年不詳。明治6年(1873)、村社に列せられる。

○主祭神:天忍穂耳命
○配祀神:火魄命

○例祭日
10月30日

所在地:兵庫県伊丹市荒牧3-16-54

[ここに地図が表示されます]


DSCN8086.JPG

DSCN8091.JPG

DSCN8096.JPG

DSCN8092.JPG

DSCN8099.JPG

DSCN8100.JPG




posted by かずぼん at 09:36| 神社寺散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする