2016年10月30日

好古園紅葉会2016

紅葉会期間中の好古園では、金土日と祝日の営業時間が20時まで延長され、紅葉した木々などがライトアップされます。昼間とは異なった夜間景観が楽しめるほか、11月20日は弦楽ユニット(大三弦)、23日は一絃須磨琴(一絃須磨琴保存会)、27日は和太鼓と横笛(高野巧)、12月4日は二胡(二胡倶楽部彩音)の演奏会が催されます。
所在地:〒670-0012兵庫県姫路市本町68
開催期間:2016年11月18日〜12月4日金土日祝のみ/9:00〜20:00(入園は19:30まで)※通常は9:00〜17:00(入園は16:30まで)
交通アクセス:JR神戸線・山陽電鉄「姫路駅」から徒歩15分または神姫バス約5分「姫路城・大手門前」下車
主催:姫路市、一般財団法人姫路市まちづくり振興機構
料金:大人300円、小中高生150円
問合せ先:姫路城西御屋敷跡庭園・好古園079-289-4120



posted by かずぼん at 18:39| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相楽園夜間ライトアップ2016

神戸市立相楽園では菊花展の開催にあわせて、開園時間が延長され、ライトアップが行われます。美しく咲いた菊や重要文化財に指定された歴史ある建物が、夜の闇に美しく映し出されます。
所在地:〒650-0004兵庫県神戸市中央区中山手通5-3-1
開催期間:2016年11月3日〜6日日没〜19:00(入園は18:30まで)
交通アクセス:地下鉄山手線「県庁前駅」から北へ徒歩5分、またはJR神戸線「元町駅」から北西へ徒歩10分、または阪神「元町駅」から北西へ徒歩10分、またはJR神戸線「三ノ宮駅」から市バス「諏訪山公園下」〜南へ徒歩10分
主催:神戸市立相楽園
料金:観覧無料※入園料は別途必要(大人300円、中小生150円)
問合せ先:神戸市立相楽園078-351-5155(代表)



posted by かずぼん at 17:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蓮華寺もみじまつり2016

西国31番札所で知られる蓮華寺では、境内一面が美しい紅葉に包まれる頃、恒例の秋祭りが開催されます。古代太鼓踊りが奉納されるほか、各種ゲームやバザーなども催され、人々で賑わいます。
所在地:〒669-6225兵庫県豊岡市竹野町轟
開催期間:2016年11月6日10:00〜14:00
交通アクセス:JR山陰本線「竹野駅」からバス「轟」〜徒歩5分
料金:1300円※前売りあり
問合せ先:蓮華寺0796-47-1350



posted by かずぼん at 16:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本電気計器検定所関西支社

このビルは窓が多いのが特徴だ。インターナショナルスタイルなのだが、2階に玄関があってポーチの階段の庇がジグザグになっているのが面白い。野村一郎は台湾総督府に勤めた後、大阪で茂庄五郎と設計事務所を開いた。茂は工場建築に実績のあった建築家だそうだ。

建築年:1934年
設計:野村一郎建築事務所
所在地:大阪府大阪市北区大淀北1-6

[ここに地図が表示されます]


J0010606.JPG



posted by かずぼん at 14:32| 建築物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

但馬安國禪寺ドウダンツツジの紅葉一般公開2016

豊岡市但東町にある但馬安國禪寺で、本堂裏庭にあるドウダンツツジの紅葉にあわせて、庭園の一般公開が行われます。樹齢100年以上の大木は本堂の座敷から見ると、額縁に入れられた絵画のように美しいと評判です。16時からはライトアップも行われ、幻想的な光景を楽しむことができます。
所在地:〒668-0324兵庫県豊岡市但東町相田327
開催期間:2016年11月8日〜20日拝観時間/8:00〜19:00(入門は18:30まで)、ライトアップ/16:00〜19:00
交通アクセス:JR山陰本線「豊岡駅」から「出石行」の全但バス「出石」〜車約20分
主催:但馬安國禪寺
料金:拝観料/大人300円、中学生以下無料
問合せ先:但馬安國禪寺0796-54-0435



posted by かずぼん at 13:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高源寺の紅葉2016

鎌倉時代に高源寺を開山した遠谿祖雄禅師により、中国杭州の天目山より持ち帰ったとされる天目楓が、例年11月上旬から色づき始めます。天目楓は葉が小さく、切れ込みが深く、枝が垂れ下がるのが特徴で、昔から「三丹随一の紅葉」と称されます。紅葉の美しい頃にはライトアップも施されます。毎年11月3日に「山開き」が行われ、“お琴の演奏会”や“甘酒の無料接待”(先着100人)があります。
所在地:〒669-3821兵庫県丹波市青垣町桧倉514
開催期間:2016年11月上旬〜下旬開門時間/8:30〜17:00(10月〜3月)
交通アクセス:JR福知山線「柏原駅」から「佐治行」または「青垣住民センター前行」の神姫グリーンバス「佐治」〜タクシー約10分
主催:高源寺保存会
料金:入山料/大人300円
問合せ先:高源寺0795-87-5081



posted by かずぼん at 11:39| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

円通寺もみじまつり2016

南北朝時代に足利義満により創建された名刹、円通寺は、青垣町の高源寺、山南町の石龕寺とともに「丹波もみじ三山」の一つに数えられています。例年11月中旬が紅葉のピークで、朱や黄金など色鮮やかな紅葉が広い境内を覆い、水面を染める絶景が望めます。もみじまつりでは、円通寺寺宝展や写真・絵画展をはじめ、スケッチ大会、投句会、野点、地元農産物(葉ボタン、白菜、黒豆ほか)の販売などが催されます。
所在地:〒669-3633兵庫県丹波市氷上町御油983
開催期間:2016年11月13日
交通アクセス:JR福知山線「石生駅」から車約20分または「佐治・青垣住民センター行」の神姫グリーンバス「幸世橋」から徒歩15分
主催:もみじまつり実行委員会
料金:入山料/大人300円、中学生以下無料
問合せ先:丹波市観光協会あおがき観光案内所0795-87-2222



posted by かずぼん at 11:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

十夜会2016

大念佛寺で十日十夜の別時念仏会が行われます。「十夜会」とも呼ばれ、この娑婆世界で十日十夜お念仏を喜び称えることは、最上の善であり、大きな功徳が授かるとされる無量寿経の説に由来する行事です。13時からお勤めがあり、お説教、詠讃舞踊のあと、17時頃から厄除けのおかゆがふるまわれます。
所在地:〒547-0045大阪府大阪市平野区平野上町1-7-26
開催期間:2016年11月14日13:00〜17:00
開催場所:大念佛寺
交通アクセス:JR大和路線「平野駅」から徒歩5分、または大阪市営地下鉄谷町線「平野駅」から徒歩8分
問合せ先:大念佛寺06-6791-0026



posted by かずぼん at 10:27| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤穂義士祭2016

赤穂義士たちが吉良邸に討ち入りを果たした12月14日に、街をあげて「赤穂義士祭」が開催されます。大名行列や義士行列などの「忠臣蔵パレード」が一番の見どころとなっています。花岳寺での法要や大石神社での祭典のほか、赤穂城跡内の武家屋敷公園では、忠臣蔵ゆかりの市町や近隣市町による「忠臣蔵交流物産市」などが催されます。前日には、花岳寺と大石神社で義士追慕の前夜祭もあります。
開催期間:2016年12月14日パレード/10:00〜15:00、忠臣蔵交流物産市/10:00〜16:00
開催場所:兵庫県赤穂市息継ぎ広場、お城通り周辺
交通アクセス:お城通り周辺まで/JR赤穂線「播州赤穂駅」から南へ徒歩10分
主催:赤穂義士祭奉賛会
料金:見学無料
問合せ先:一般社団法人赤穂観光協会0791-42-2602



posted by かずぼん at 10:26| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大淀延原倉庫

大阪市北区にある大きなレンガ造りの倉庫だ。上からモルタルを塗られているので、正直言ってどれがレンガ造りでどれが木造なのか見分けがつかないが、そんな分かりづらいところも魅力だ。道路に面したレンガ壁も上部が飾り積みになっていて楽しい。

建築年:明治期
設計者不詳
所在地:大阪府大阪市北区大淀北1-6

[ここに地図が表示されます]


J0010599.JPG

J0010600.JPG

J0010601.JPG

J0010604.JPG

J0010603.JPG

J0010602.JPG



posted by かずぼん at 10:26| 建築物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山畑古墳群

山畑古墳群は、大阪府東大阪市南東部(上四条町、瓢箪山町あたり)に分布する群集墳。東大阪市内では最大規模の古墳群。
○概要
6世紀後半から7世紀はじめにかけて築造され、大半は直径10〜15m程度の円墳であるが、双円墳や上円下方墳も含まれる。かつては100基以上あったとされるが、住宅開発などで破壊されたものも含めて70基ほどが確認されており、大半は東大阪市立郷土博物館の近辺周囲に密集している。基本的に横穴石室を持ち、副葬品として馬具類が多くの古墳から発見されている。この辺りは騎馬を飼育していた馬飼部を率いた渡来系氏族の勢力地(いわゆる「馬飼いの里」)とされ、これらの墳墓はその一族のものと推定される。

○主な古墳
・山畑22号墳
郷土博物館敷地内にある。東西に円丘をもつ双円墳だが現在は直径15m、墳丘高約4.5mの西丘と横穴石室が保存されている。発掘調査で石室から土器・装身具・馬具等が出土し、博物館にて保管・展示されている。
なお、郷土博物館敷地内には22号墳の他に38,39,40,41号墳があるが、すでに墳丘は無く、石室内部が露出(あるいは全損)している。

・山畑51号墳
通称「成山古墳」。直径約15m、墳丘高約3mの円墳で、石室の開口はない。

・山畑52号墳
山畑古墳群の中でいちばん標高の低い位置にある。6世紀後半頃の南北の墳丘長が約50mの双円墳で、その形状から通称「瓢箪山」と呼ばれる。北側は「大塚」、南側は「鬼塚」と呼ばれる。
西側に瓢箪山稲荷神社がある。かつて北丘(大塚)の石室内で狐が飼われていた。

[ここに地図が表示されます]


J0010612.JPG

DSCN0507.JPG

DSCN0506.JPG

J0010613.JPG

DSCN0508.JPG

DSCN0509.JPG

J0010615.JPG

J0010614.JPG

J0010618.JPG



posted by かずぼん at 10:26| 古墳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋を恋う丹波もみじめぐり2016

高源寺、円通寺、石龕寺など、紅葉の名所を数多く有する丹波市で、樹木が鮮やかに色づく11月の1か月間、「秋を恋う丹波もみじめぐり」が開催されます。もみじめぐりMAPを手に、高源寺、円通寺、岩瀧寺、達身寺、高山寺、白毫寺、慧日寺、石龕寺、小新屋観音の9か寺を巡る企画で、クイズラリーなどの企画も催されます。
開催期間:2016年11月1日〜30日
開催場所:丹波市内9か寺(高源寺、円通寺、岩瀧寺、達身寺、高山寺、白毫寺、慧日寺、石龕寺、小新屋観音)
交通アクセス:JR福知山線「石生駅」ほか各駅下車
問合せ先:丹波市観光協会0795-72-2340



posted by かずぼん at 10:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

龍野公園紅葉谷の紅葉2016

緑豊かな龍野公園は龍野城の西側にあり、例年11月中旬になると山が紅く色づき始めます。紅葉谷の入口付近には、木漏れ日も通さないほどのカエデが茂り、ピーク時には一面が深紅に染まり、訪れる人を魅了します。園内には「文学の小径」、「哲学の小径」、「童謡の小径」などの遊歩道が整備され、散策も楽しめます。11月18日から20日には「オータムフェスティバルin龍野」が開催され、蔵や寺院などでのコンサートのほか、落語会などが行われます。※駐車場があります。
所在地:〒679-4170兵庫県たつの市龍野町中霞城
開催期間:2016年11月中旬〜12月上旬
交通アクセス:JR姫新線「本竜野駅」から西へ徒歩25分
問合せ先:たつの市観光振興課0791-64-3156



posted by かずぼん at 09:46| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋季堺文化財特別公開2016

妙國寺、南宗寺、今回が初公開となる長泉寺で、堺の歴史や文化を物語る貴重な文化財などが特別公開されます。期間中はボランティアガイドによる無料ガイドを楽しめます。
所在地:〒590-0965大阪府堺市堺区
開催期間:2016年11月3日〜6日、11日〜13日※公開箇所により公開日が異なります。
開催場所:旧市街地(妙國寺・南宗寺・長泉寺)ほか
交通アクセス:南海高野線「堺東駅」ほかから各所
主催:おいでよ堺21実行委員会(堺市、公益財団法人堺観光コンベンション協会、堺商工会議所、堺ホテル協会)
料金:1箇所400円(文化財有料公開箇所)
問合せ先:おいでよ堺21実行委員会事務局(堺市観光部内)072-228-7493



posted by かずぼん at 09:30| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

書写山もみじまつり2016

書写山の秋を彩るもみじの見頃にあわせて、通常非公開の重要文化財である十妙院の襖絵、金剛堂、本多家廟所が公開されます。2016年はもみじのライトアップが初開催されるほか、26日に常行堂でライブも行われます。※文化財保護のため、雨天時には公開が中止される場合があります。
所在地:〒671-2201兵庫県姫路市書写2968
開催期間:2016年11月25日〜27日10:00〜20:00
交通アクセス:JR神戸線・山陽電鉄「姫路駅」から「書写ロープウェイ行」の神姫バス約30分「書写駅」〜ロープウェイ約4分「山上駅」〜徒歩20分(志納所前から摩尼殿の下までマイクロバス運行※特別志納金が必要)
主催:姫路市観光振興課、書写山圓教寺
料金:志納金500円
問合せ先:姫路市観光振興課079-287-3652



posted by かずぼん at 09:24| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

真田まつり2016

1614年(慶長19年)の大坂冬の陣の際、真田幸村が抜け穴として設けたと伝わる地下の暗道がある三光神社で、「真田まつり」が開催されます。真田幸村の抜け穴が1年に一度公開されるほか、戦勝式典や子供甲冑試着体験が行われます。
所在地:〒543-0013大阪府大阪市天王寺区玉造本町14-90
開催期間:2016年11月6日戦勝式典/10:00〜、抜け穴開放/10:30〜14:30、子供甲冑試着体験/10:30〜
交通アクセス:地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造駅」2番出口から徒歩2分、またはJR大阪環状線「玉造駅」から西南に徒歩5分
問合せ先:三光神社06-6761-0372



posted by かずぼん at 20:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古市義士祭2016

赤穂義士ゆかりのお祭りが、宗玄寺とJR古市駅周辺で開催されます。宗玄寺に建立されている不破数右衛門正種の碑にまつわる逸話にちなんだもので、四十七士の衣装をつけた子供義士行列が行われます。
所在地:〒669-2123兵庫県篠山市古市57
開催期間:2016年12月14日10:00〜16:00
開催場所:宗玄寺、JR古市駅周辺
交通アクセス:JR宝塚線「古市駅」から徒歩3分
主催:古市義士祭実行委員会
料金:見学無料
問合せ先:篠山市商工観光課079-552-6907



posted by かずぼん at 17:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大国寺紅葉まつり2016

晩秋を飾る、大国寺の紅葉まつりが開催されます。丹波篠山の紅葉の名所として有名で、観光地の喧騒を離れて紅葉狩りが楽しめます。千成まめ、コケ玉、山野草などの販売も行われます。
所在地:〒669-2223兵庫県篠山市味間奥162
開催期間:2016年11月1日〜30日
交通アクセス:JR宝塚線「篠山口駅」から車約10分またはレンタサイクル約15分
主催:大国寺
料金:入山料300円
問合せ先:大国寺079-594-0212



posted by かずぼん at 15:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

常勝寺の紅葉2016

四季の情趣に恵まれた丹波の山寺、常勝寺では、秋になると参道の石段の横のモミジが真っ赤に色づきます。境内には、黄色に色づく楷(かい)の木、白や赤、ピンクの花が咲く山茶花もあり、紅葉との見事なコントラストも楽しめます。
所在地:〒669-3131兵庫県丹波市山南町谷川2630
開催期間:2016年11月中旬〜12月上旬
交通アクセス:JR福知山線「谷川駅」から車約5分または徒歩20分
問合せ先:常勝寺0795-77-0074



posted by かずぼん at 12:04| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小森家住宅

○小森家住宅主屋
北西角地の敷地中央に建つ。寄棟造桟瓦葺で、北面に大振りな車寄を構え、北東に台所を張出す。一階は玄関ホールの四方に部屋を配し、二階は座敷三室を東西に並べ、三方に縁を廻らせてガラス窓をたて、柱上に舟肘木を載せる。開放的で上質なつくりの近代住宅。
建築:大正13(1924)頃/昭和20(1945)・平成15(2003)改修
所在地:大阪府大阪市中央区谷町6-17-43

○小森家住宅土蔵
敷地の北西角に東西棟で建ち、桁行一二メートル梁間四・二メートル、土蔵造二階建、切妻造本瓦葺である。南面と西面を戸口とし、戦中の改修により窓を広く開ける。外壁は漆喰塗で腰板を高く張る。戦災などにより変容著しい界隈において、希少な江戸期の土蔵。
年代:江戸後期(1751〜1830)/昭和20(1945)改修
所在地:大阪府大阪市中央区谷町6-4


○小森家住宅表門
敷地西辺北寄りで、土蔵に接続する。間口二・四メートル、一間薬医門、切妻造桟瓦葺で、南北に板塀をのばし、北側に潜戸を開く。軸部は五平の本柱頂部を冠木で固めて梁を架け、軒桁を渡し、本柱に竪板張の板戸を両開きに吊る。端正なつくりの表門。
年代: 大正13(1924)頃

今現在は株式会社京利という会社が飲食店等を経営しているようです。

[ここに地図が表示されます]


J0010589.jpg

J0010592.jpg

J0010593.jpg

J0010594.jpg

J0010591.jpg

J0010595.jpg



posted by かずぼん at 12:03| 建築物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする