2018年04月22日

青刻昆布発祥の地

碑文にはこう書かれています。
昆布加工品の原点である青刻昆布の主産地大阪における創始は一七二一年(享保六年)頃と伝えられる。文化年間に清国(中国)に試売し,一八二〇年頃から販路を拡張,専ら大阪上町台地において製造していた。
一九〇〇年(明治三十三年)には,大阪の刻昆布が国の重要物産品に指定されている。
今日大阪の昆布加工品は,なにわ名物として広く認められ,大阪の食文化に大きく寄与しており,一九九八年(平成十年)には大阪特産物品として国により認証された。
大阪昆布商工同業会(起源は明治三十四年認可の大阪刻昆布製造同業組合)は,平成十三年に百周年を向かえたのを記念してこの碑を建之する
平成十三年三月建立
大阪昆布商工同業会
当地は,中嶋豊吉が青刻昆布製造業を営んでいたが,昭和二十三年事業告示の区画整理事業により現在の越中公園になっている
大阪市

所在地:大阪府大阪市中央区玉造2丁目

J0010164.jpg




posted by かずぼん at 22:42| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浪速鉄道片町駅跡

かつてこの場所を走っていた浪速鉄道の「片町駅」の跡。
浪速鉄道は明治26年(1893)に設立された私設鉄道。片町−四条畷間を運行していました。
その後関西鉄道に買収され、平成9年(1997)JR東西線、大阪城北詰駅の開業と同時に片町駅は廃止されました。

所在地:大阪府大阪市都島区片町1丁目


J0010152.jpg



posted by かずぼん at 22:34| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

本の紹介しますね。

本の紹介しますね。

九州の古墳 -
九州の古墳 -

九州の古墳 [ 吉村靖徳 ] - 楽天ブックス
九州の古墳 [ 吉村靖徳 ] - 楽天ブックス



posted by かずぼん at 12:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

こいのぼり

こいのぼり(鯉幟)とは元来、日本の風習で、江戸時代に武家で始まった、端午の節句である旧暦の5月5日までの梅雨の時期の雨の日に、男児の出世と健康を願って家庭の庭先で飾られた紙・布・不織布などに鯉の絵柄を描き、風をはらませてなびかせる吹流しを鯉の形に模して作ったのぼり。皐幟(さつきのぼり)、鯉の吹き流しとも言う。現在は、一般的にはグレゴリオ暦(新暦)5月5日に向けて飾られ、夏の季語として用いられる。飾られる季節も変わり、イメージは「晩春の晴天の日の青空にたなびくもの」となった。 但し地方により、端午の節句を祝う時期が違うので、旧暦の端午やひと月遅れのグレゴリオ暦(新暦)6月5日とする地方もある。

○概要
本来は真鯉(黒い鯉)のみで、明治時代から真鯉と緋鯉の対で揚げるようになったが、昭和時代からは家族を表すものとして子鯉(青い鯉)を添えたものが主流となった。ただし、過渡的に黒と青だけという組み合わせも見られた。また、真鯉に赤い裸の男の子がしがみついている柄のものがあるが、これは金太郎とみられ金太郎が自分より大きい鯉を捕まえた伝説をもとにしているとみられる。最近では緑やオレンジといった、より華やかな色の子鯉も普及してきており、所によっては女の子も含め家族全員の分の鯉を上げる家もある。暖色の子鯉の増加はそういった需要に応えてのことのようである。さおの先に回転球やかご玉、その下に矢車を付け、五色もしくは鯉などを描いた吹流しを一番上に、以下真鯉、緋鯉、等を大きさの順に並べて揚げるのが一般的。なお都市周辺では、1980年代以降の住宅事情(庭付き一戸建て住宅の減少とマンションなど集合住宅の増加)や少子化などのため、後述の童謡に歌われるような、民家の庭に高々とこいのぼりが揚がる姿を見ることは少なくなっている。高速道路などでは風速・風向を示す吹流しが、4月・5月にはこいのぼりに取って代えられる場合もある。

○発生過程
「江戸っ子は皐月の鯉の吹流し」と言われるように、こいのぼりは「幟」とは名づけられているものの、形状は魚を模した吹流し形である。そもそも、こいのぼりは門松や雛人形と同じく、江戸時代中期の裕福な庶民の家庭で始まった習慣であった。端午の節句には厄払いに菖蒲を用いることから、別名「菖蒲の節句」と呼ばれ、武家では菖蒲と「尚武」と結びつけて男児の立身出世・武運長久を祈る年中行事となった。 この日武士の家庭では、虫干しをかねて先祖伝来の鎧や兜を奥座敷に、玄関には旗指物(のぼり)を飾り、家長が子供達に訓示を垂れた。一方、大きな経済力を身につけながらも社会的には低く見られていた商人の家庭では、武士に対抗して豪華な武具の模造品を作らせ、のぼりの代わりに黄表紙の挿絵などを見ると五色の吹流しを美々しく飾るようになっている。さらに、吹流しを飾るだけでは芸がないと考えたのか、一部の家庭で「竜門」の故事にちなんで、吹流しに鯉の絵を描くようになった。 現在の魚型のこいのぼりは、さらにそこから派生したものである。ただし、これは主に江戸を含む関東地方の風習で当時の関西(上方)には無い風習であった。天保9年(1838年)の『東都歳時記』には「出世の魚といへる諺により」鯉を幟に飾り付けるのは「東都の風俗なりといへり」とある。

○中国
中国の正史、二十四史の一つである後漢書による故事で、黄河の急流にある竜門と呼ばれる滝を多くの魚が登ろうと試みたが鯉のみが登り切り、竜になることができたことにちなんで鯉の滝登りが立身出世の象徴となった。栄達するための難関を「登竜門」と呼ぶのも、この故事にもとづく。

○主な行事
日本では全国各地でこいのぼりにちなんだ行事が取り行なわれる。
戦前からこいのぼりの生産量では日本一の埼玉県加須市では1988年2月に長さ100メートル・350kgのこいのぼりを作り、全長世界一の大きさで有名になった。生産量の高さとともに加須のこいのぼりとして世界中に名を知らしめた。同市では毎年5月に開催する市民平和祭で利根川河川敷で勇姿を見せる。
熊本県阿蘇郡小国町の杖立温泉では、3,500匹のこいのぼりがたてられる。
和紙の生産が盛んな高知県吾川郡いの町では、水にぬれても破れない和紙を用いて作られたこいのぼりが仁淀川に放流され、川下りをしながら水中を泳ぐこいのぼりを遊覧できる。
石川県金沢市を流れる浅野川では、浅野川大橋と梅ノ橋間で川幅いっぱいに泳ぐ200匹のこいのぼりを水中からライトアップする。
石川県珠洲市の大谷地区でも、5月上旬に大谷川に多数のこいのぼりが飾られる。
四万十川中流の高知県高岡郡四万十町十川では、4月下旬から5月上旬にかけて500匹のこいのぼりの川渡しが行われており、その発祥地として知られる。(昭和49年〜)
群馬県館林市では、世界一こいのぼりの里まつりが3月下旬から5月中旬まで開催される。5,000匹以上のこいのぼりが鶴生田川、茂林寺川、近藤沼、つつじが岡パークインの4箇所で掲揚される。掲揚数世界一で2005年にギネス世界記録に登録された。

○唱歌・童謡
こいのぼりは、いくつかの唱歌・童謡で歌われている。
1.作詞・東くめ、作曲・瀧廉太郎 『鯉のぼり』
2.作詞者不詳、作曲・弘田龍太郎 『鯉のぼり』1914年(大正3年)
3.作詞・近藤宮子、作曲者不詳 『こいのぼり』1931年(昭和6年)
特に、口語調の3番目のものと、文語調の2番目のものが有名である。

○こいのぼりに関する逸話
埼玉県児玉郡神川町の矢納地区では、平安時代中期に平将門がこの地に逃れて城峯山に籠った際、民家に揚げられていたこいのぼりのせいで所在が敵に知られてしまい、敵方はこいのぼりを目標にしたことから結果として将門は戦いに敗れてしまった。そのため「こいのぼりを揚げるとその家が不幸になる」として、現在でもこいのぼりを揚げる風習がない。京都府亀岡市大井町にある大井神社では、祭神が鯉に乗って保津川の急流を上ってきたという伝承から鯉が神の使いとされ、氏子が鯉に触れることを禁じている。そのため大井町では端午の節句にこいのぼりを揚げることも行われない。広島県福山市をはじめ備後福山藩だった地域では、福山水野家最後の藩主となった水野勝岑が5月5日に亡くなったことから、福山水野家にかかわった子孫の家では、こいのぼりを揚げないという風習が生まれた。

○スポーツにおけるこいのぼり
プロ野球の広島東洋カープの応援グッズとして、季節を問わずこいのぼりが使用される。主にダカール・ラリーに参戦しているラリードライバー菅原義正はこいのぼりを自身のトレードマークとして使用しており、セレモニアルフィニッシュ時に車に取り付けて走行する事で世界的に知られている。

○類似物・商品
静岡県御前崎市、高知県幡多郡黒潮町、鹿児島県枕崎市、沖縄県本部町等カツオの水揚げが盛んな地域では「鰹のぼり」をたてている所もある。宮崎市の佐土原町には「佐土原くじら物語」に由来する幸せを呼ぶ「鯨のぼり」なるものがある。巨大鯉のぼりでも有名な加須市では、鯉をかたどったたい焼きが売られている。

J0010685.jpg

J0010686.jpg

J0010687.jpg

J0010688.jpg

J0010051.jpg

J0010052.jpg

J0010689.jpg










ラベル:イベント 風物詩
posted by かずぼん at 15:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

三義塚

1932年1月28日、日中両軍が衝突した上海事変が起きた。事変の最中、大阪毎日新聞(現毎日新聞)学芸部に在籍していた西村真琴と、中国の文豪、魯との間に、1羽のハトを介した友情が生まれた。西村は事変が起きて間もない2月6日、戦いで負傷した人たちを治療する医療団を率いて、上海に渡った。市郊外の三義里で飢えて飛べなくなったハトを見つけ、「三義」と名づけて、日本に連れ帰って育てた。三義に二世が生まれたら、西村は日中友好のあかしとして、上海に送るつもりだった。残念ながら、三義は豊中市の自宅で、イタチの襲われて死んでしまった。西村は「三義塚」と刻んだ碑を建て、その思いを手紙にしたため、「西東国こそ異(たが)へ小鳩等は親善あへり一つ巣箱に」の歌と、三義の絵を添えて魯迅に送った。魯迅は感激し、漢詩「三義塔に題す」を作って西村に贈った。詩は「度盡劫波兄弟在 相逢一笑泯恩讐」と結んである。「荒波を渡っていけば兄弟がいる。会って笑えば、恩讐は消える」という意味だ。1981年に兪啓慧・中国芸術学院教授が魯迅生誕100年を記念して、木版画集「度盡劫波兄弟在」を制作した。2002年には、豊中市立中央公民館の敷地に、豊中市日中友好協会が中心となり、石碑「三義塚」を設置した。戦火の下での友情は、今も語り継がれている。

所在地:〒561-0802大阪府豊中市曽根東町3丁目6

[ここに地図が表示されます]


J0010615.jpg



posted by かずぼん at 19:46| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

井原西鶴文学碑

大阪市中央区本町通り、本町橋の近く「東横堀川」に平行した道路の植え込みの中に建てられている井原西鶴文学碑。『日本永代蔵』の一説が彫られている。この碑は1972年(昭和47年)大坂北浜船場ライオンズクラブが建てている。 周りは雑草が茫々で、石碑の傍には近づけない。

所在地:大阪市中央区本町橋3番(目安はシティプラザ大阪というホテルの前の公園の植え込み内)

[ここに地図が表示されます]


J0010475.jpg

J0010474.jpg



posted by かずぼん at 19:55| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

梅田停車場跡

大阪市北区の梅三小路内にある碑。1874年、大阪駅と神戸駅とを結ぶ鉄道と共に開業した。当時の駅舎はゴシック風の赤煉瓦造り2階建て。現在の大阪駅よりも200mほど西に位置(昔の大阪中央郵便局付近)していた。周辺には田圃が広がっていた。開業当初、「梅田駅」「梅田ステーション」「梅田すてんしょ」などと呼ばれていた。1901年、現在地へ移転した。当駅には、官営鉄道(国鉄)、山陽鉄道(山陽本線)、阪鶴鉄道(福知山線)、西成鉄道(大阪環状線・桜島線)、関西鉄道(関西本線・大阪環状線など)、南海鉄道(南海本線)という5つの私鉄の列車が乗り入れていた。1906年、鉄道国有法に基づき主要私鉄が国有化。

所在地:大阪府大阪市北区梅田3丁目2-136

J0010619.jpg

J0010618.jpg



posted by かずぼん at 19:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

桜井谷の須恵器窯跡群

桜井谷は豊中市北部に位置する幅約500メートルの大きな谷で、この谷の両岸約3キロメートルにわたって、古墳時代の大きな須恵器窯跡群がある。北緑丘団地や西緑丘の住宅地造成によって、ほとんどの窯跡は消滅した。しかし、最後に造成された府立豊島高校西側の北緑丘2丁目の団地開発で見つかった2基の窯跡は、豊中市の文化財に指定され、緑地帯として保存された。豊島高校前バス停から西へ約200mにある2-19・2-24窯跡と命名された2基の窯跡は、桜井谷須恵器窯跡群内でも北部の標高65m前後の段丘上に位置する。構造は半地下式で、天井部を粘土により架設している。焚口から燃焼部・焼成部そして煙道部へと、上方に傾斜しながら幅を狭めている。保存状態の良い2-24窯跡は、焚口から後端まで9.5m、最大幅2mを測り、焚口の前面には、幅14mの範囲に焼けた須恵器と灰を取り出した灰原が分布している。灰原には焼成に失敗したり、割れた須恵器の破片が多く残されており、こうした須恵器から、この窯の操業時期が古墳時代の後期から末期にかけてのものであることがわかる。

所在地:大阪府豊中市北緑丘2

[ここに地図が表示されます]


DSCN2821.JPG

J0010596.jpg

J0010597.jpg



ラベル:豊中市 大阪府
posted by かずぼん at 17:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

八軒家浜船着場跡の近くにある石畳の階段

この付近は、古くは渡辺の津と呼ばれる船着場で、熊野街道の起点でもあった。平安時代中期から鎌倉時代にかけては「蟻の熊野詣」といわれ、人々はここで上陸して熊野に向かったといわれる。さらに江戸時代には、八軒家浜と呼ばれ、三十石船がつき、人の往来だけでなく、交易の場としてもにぎわった。

所在地:大阪府大阪市中央区石町1丁目

[ここに地図が表示されます]


J0010589.jpg



posted by かずぼん at 16:23| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三橋楼跡

江戸時代、料亭「三橋楼」が開業。高台に位置し、「天神橋」「天満橋」「難波橋」または「京橋」「天満橋」「天神橋」の3つの橋を眺望することができたため、三橋楼と命名した。1864年、新選組の近藤勇氏による献金依頼文書を、加賀屋徳兵衛が三橋楼に出向いて受け取っている。1868年、大久保利通氏が明治天皇に謁見したことを祝うため、小松帯刀、木場伝内、本田親雄、税所篤を招き、祝宴をあげる。1874年、井上馨氏、伊藤博文氏の働きかけにより、大久保利通氏、木戸孝允氏、板垣退助氏らによる「大阪会議」が行われ、三橋楼も開催地の一つとなった。 木戸孝允氏は、「囲碁会」を開催。大久保利通氏、五代友厚氏、税所篤氏(堺県知事)、内海忠勝氏(大阪府参事)、渡邊昇氏(大阪府知事)、伊藤博文氏らが参加。

所在地:大阪市中央区石町1丁目1-11天満橋ニュースカイハイツ前

[ここに地図が表示されます]


J0010592.jpg

J0010590.jpg



posted by かずぼん at 16:21| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

大阪能楽殿跡

1916年、能楽師・手塚(大西)亮太郎らが中心となって起工。1919年、大阪能楽殿は、日本最大の規模として完成した。建設には、関西財界人を代表する住友吉左衛門友純、野村徳七、伊藤忠兵衛らが支援した。住友家は建設用地の提供、建設費用を募る労を執るなどの支援を行った。能楽殿の敷地は約737坪の2階建。平見所(客席の桟敷)145個所、貴賓室、特別室、椅子見所が備わっていた。1945年、大阪大空襲により焼失した。

所在地:大阪市天王寺区堂ケ芝2丁目16-24(天王寺保育所前)

[ここに地図が表示されます]


J0010560.jpg

J0010562.jpg



posted by かずぼん at 17:17| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伝藤原家隆墓

藤原家隆(1158年〜1237年)は、藤原時代末期の五代の天皇に仕えた有名な歌人で、79歳の時に官を辞して浄春寺の地に隠棲した。その翌年の春の彼岸に高台から西の海に落ちる夕日を見て、その荘厳さに心を打たれ直ぐに落髪して仏性と号し、その4月9日に消えるように一生を終えた。伝藤原家隆墓は、家隆の墓といわれ、その傍らには、御影石にこの歌が夕日とともに刻まれた歌碑がある。夕陽丘の地名は、この歌の「波の入日」からきている。夕陽丘の地名の由来である藤原家隆の歌碑があり、和歌に親しんでいる者にとっては重要なスポットである。市民の手によって維持保全されており、地域に親しまれている歴史・文化的資源である。

所在地:大阪府大阪市天王寺区夕陽丘町5番

J0010718.jpg

J0010719.jpg



posted by かずぼん at 17:09| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

住吉高灯籠

わが国最初の灯台として、鎌倉時代末の創建というが不詳。もとは、現地から西約200mのところ(顕彰碑が立っている)にあったが、台風で倒壊したり道路工事で撤去されるなとで当地へ移築された。当時は海岸近くにあたり、点灯すると十分灯台の役目を果たしたという。
所在地:大阪府大阪市住之江区浜口西一丁目
最寄駅:市バス「住吉公園」下車北すぐ

[ここに地図が表示されます]


DSCN2367.JPG

DSCN2370.JPG

DSCN2369.JPG

DSCN2368.JPG



posted by かずぼん at 14:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住吉公園

住吉公園は大阪府大阪市住之江区浜口東1丁目にある大阪府営公園。
○概要
住吉公園という名称だが、現在の住所表示では住之江区になる。もともとは住吉区に属していたが、1974年の大阪市の区の変更に伴い、住吉区から住之江区が分区した時、住吉公園は住之江区地域に含まれた。住吉公園は、現在は市民公園で、花壇や池、遊戯施設、コートなどが並ぶ。しかし元は住吉大社の境内で、大社の馬場があった。公園の中央を東西に走る「潮掛け道」は、住吉大社の表参道だった。国道26号に面した所に立つ高灯篭は、住吉大社の灯篭で、鎌倉時代創建の日本最古の灯台とされる。現在の高灯篭は1974年に場所を移して復元されたものであり、元は200メートルほど西方にあった。2005年(平成17年)に内部を改装し、史料館となっている。一般開放は毎月第1・第3日曜の10時〜16時。今は完全に内陸の市街地だが、かつては、住吉公園の少し西側を走る阪神高速15号堺線あたりまで海が迫っていた。この海に面した住吉大社の社前の風景が、日本の美しい風景の典型とされる白砂青松の原景である「住吉模様」の地。また鎌倉時代の元寇の時は、蒙古撃退のための住吉大社による住吉大神への「浜祈祷」は、住吉公園の前に広がっていた住吉の浜で行われた。

○歴史
大阪府営公園としては浜寺公園とともに1873年に指定され、大阪で一番歴史のある公園となっている。開設当初は現在より広い面積を有していたが、1884年に阪堺鉄道(現在の南海本線)が園内の東部を縦断する形で敷設された。さらに大正時代には国道26号(当時の呼称は国道16号)の建設工事に伴い、同道路が園内を縦断することになった。これに伴い1918年-1924年にかけて、国道より西側を廃止するなどの縮小・整備が行われて現在の形になった。住吉公園縮小の代替として、当地から1.5キロほど西に住之江公園が建設されている。

○交通
南海本線 住吉大社駅西側すぐ。
阪堺電気軌道 住吉鳥居前・住吉各停留所下車。
大阪市営バス 住吉公園停留所下車。
国道26号沿い。

○所在地
大阪市住之江区浜口東1丁目

DSCN2362.JPG

DSCN2363.JPG

DSCN2371.JPG

DSCN2375.JPG

DSCN2372.JPG

DSCN2364.JPG

DSCN2374.JPG

DSCN2373.JPG



posted by かずぼん at 12:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

芭蕉の句碑(住吉公園)

「升買て 分別かはる 月見かな」と刻まれた、俳人・松尾芭蕉の句碑。芭蕉は元禄7年(1694)9月、大坂で派閥争いをしていた2人の門人を仲裁するために故郷伊賀上野から奈良をすぎ暗峠を越えて来坂した。13日に、住吉大社の宝の市神事へ参拝し、参道で売られた升を買った。折から体調が悪かった芭蕉はその夜、招かれていた月見の句会には出席せず宿へ帰った。その翌日の句席で「升買て......」と詠み、「自分もついつい一合升を買ってしまった。すると気分が変わって月見より宿に帰って早く寝た方が良いような気がした」と、洒落っ気を利かして、前日の非礼を詫びたという。その後、芭蕉は発熱下痢を伴い、大坂の花屋仁右衛門方離れ座敷に病臥、10月12日夕方、51歳の生涯を閉じた。この宝の市を詠んだ句は、住吉公園東入り口に、明治元年(1864)芭蕉170回忌に大阪の俳句結社・浪花月花社が建てたもの。

○所在地
〒559-0002大阪府大阪市住之江区浜口東1-1-13

DSCN2366.JPG

DSCN2365.JPG



posted by かずぼん at 12:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

経塚

晴明丘公園にある経塚。この石碑は元は、現在北畠顕家の墓となっている「将軍塚」の近くの塚に建てられていたが、道路工事などで転々とし、昭和の初期ごろから北畠公園の北の民家の前庭に移されていた。1995年(平成7年)に、現在地に移転。この塚の由来については、聖徳太子が諸経の文字を、一字ずつ一石に書いて、塚に納めたとする説と、阿倍王子神社の縁起書である「阿倍権現記」に826年(天長3年)の夏、疫病流行に際し、弘法大師が、王子神社に入り一千部の薬師経を書写し、塚に納めたとする二つの説がある。いずれにしてもこれらの塚は現在地とは何の関係もなく、石碑のみが由緒あるものらしい。

所在地:大阪府大阪市阿倍野区阿倍野元町、晴明丘公園内
最寄駅:市バス「北畠公園前」下車、信号を渡り西へ、阪堺線手前「もと熊野街道」を北へすぐ、公園の入り口にあり

[ここに地図が表示されます]


DSCN2414.JPG

DSCN2415.JPG

DSCN2412.JPG



posted by かずぼん at 12:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もと熊野街道

平安時代中期から鎌倉時代初めにかけて熊野信仰が盛んになり、王侯貫族をはじめ庶民に至るまで熊野詣をした。それは「蟻の熊野詣(ありのくまのもうで)」と形容されるほどであった。京から淀川を船で下り、窪津(くぼつ)(八軒家)に上陸した人々は、上町台地を縦断、途中点々と所在する王子と呼ぶ遥拝所兼休憩所をたどりながら、熊野三山に到った。阿倍王子神社は阿倍野王子の跡であり、市内唯一残るものである。前の道は熊野街道で、この付近と万代池西側や遠里小野町付近などは、旧街道の面影をのこしており、歴史の顕彰が行なわれている。

所在地:大阪府大阪市阿倍野区阿倍野元町9阿倍王子神社前
最寄駅:堺電鉄「東天下茶屋」下車南東約200m

[ここに地図が表示されます]


DSCN2418.JPG



posted by かずぼん at 11:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安倍晴明生誕伝承地

安倍晴明(921〜1005)は、平安時代の高名な天文博士・陰陽師である。記録上には天徳4年(960)天文得業生として現れ、寛弘元年(1004)左京権太夫として名を連ねる。多くの事柄を予言するなど、その伝承は『今昔物語』、『大鏡』などで流布され、狐と人間の婚姻説話で知られる。当社は晴明の子孫という保田家により、寛弘年間(1004〜1012)に創祀されたという。
所在地:大阪府大阪市阿倍野区阿倍野元町5安倍晴明神社
最寄り駅:阪堺電鉄「東天下茶屋」下車南東約100m

[ここに地図が表示されます]


DSCN2422.JPG



posted by かずぼん at 10:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本の紹介しますね。

本の紹介しますね。
凹凸を楽しむ 大阪「高低差」地形散歩 広域編 -
凹凸を楽しむ 大阪「高低差」地形散歩 広域編 - 凹凸を楽しむ 大阪「高低差」地形散歩 -
凹凸を楽しむ 大阪「高低差」地形散歩 -

大阪「高低差」地形散歩 凹凸を楽しむ [ 新之介 ] - 楽天ブックス
大阪「高低差」地形散歩 凹凸を楽しむ [ 新之介 ] - 楽天ブックス凹凸を楽しむ大阪「高低差」地形散歩 広域編 - ぐるぐる王国DS 楽天市場店
凹凸を楽しむ大阪「高低差」地形散歩 広域編 - ぐるぐる王国DS 楽天市場店



ラベル:書籍
posted by かずぼん at 09:07| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

我孫子鋳物師ゆかりの地

中世後期には、当地に鋳物師集団が居住し活躍していた。最近の発掘調査によると、14〜15世紀の銅・鉄製品鋳造用の炉や鋳型が発掘されている。平安時代末以降、河内丹南には有力鋳物師集団の存在が知られている。当地の鋳物師はこの河内丹南の集団を源流とするかどうか不明であるが、室町時代宝徳3年(1451)の河内鋳物師に関係する文書には、我孫子・苅田・庭井などの鋳物師名のあることから、密接なつながりがうかがえる。天文年間(1532〜1555)には織田信長の庇護もあり、河内鋳物師集団をしのぐ勢力をもっていた。
所在地:大阪府大阪市住吉区山之内元町3山之内元町公園
最寄駅:JR「杉本町」下車北約400m

[ここに地図が表示されます]


J0010515.jpg



posted by かずぼん at 22:42| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする