2017年08月27日

生田神社秋祭2017

稚日女尊(わかひるめのみこと)を祀る生田神社で、4日間にわたり秋祭が開催されます。“文化芸術のお祭り”とも称されるほど、奉納演目の完成度が高く、観世流藤井定期能楽会による薪能が催されることで有名です。献華祭のほか、雅楽の夕べや奉納武道が無料で鑑賞できます。
所在地:〒650-0011兵庫県神戸市中央区下山手通1-2-1
開催期間:2017年9月19日〜22日【19日】生田薪能/18:00〜【20日】氏子奉幣祭/11:00〜【21日】献華祭/10:00〜、奉納武道/17:30〜【21日〜22日】いけばな展【22日】献茶祭/10:00〜、雅楽の夕べ/19:00〜
交通アクセス:JR神戸線「三ノ宮駅」西口もしくは阪神・阪急・地下鉄「三宮駅」から徒歩10分
料金:薪能/有料
問合せ先:生田神社078-321-3851



posted by かずぼん at 14:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

源光庵ススキ2017

源光庵の正門から山門へ続く参道の両側にはススキが多く植えられており、山門を背景にした秋の景色を楽しむことができます。ススキは、野ススキ、ヤハズ、シマススキの3種です。10月頃までは、人の背丈以上の高さになるシオンやホトトギスの花も楽しむことができます。
所在地:〒603-8468京都府京都市北区鷹峯北鷹峯町47
開催期間:2017年9月中旬〜11月上旬
交通アクセス:地下鉄「北大路駅」からバス「源光庵前」〜徒歩1分、またはJR嵯峨野線「二条駅」からバス「源光庵前」〜徒歩1分
料金:※拝観料が必要
問合せ先:源光庵075-492-1858



posted by かずぼん at 14:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ありとほし薪能2017

紀貫之ゆかりの蟻通神社で、登録有形文化財の舞殿にて、能が上演されます。2017年は秋にふさわしい演目「紅葉狩」です。舞台は秋の山奥、紅葉狩りをしている高貴な風情の女性たちの前を通りかかった平維茂は、誘われるまま酒宴に加わります。宴に酔いつぶれ眠りこけて見た夢は、実は女は山の鬼神だという神のお告げでした。そして、はっと目を覚ました維茂は、鬼女の姿を目にするのでした。前段の美しい紅葉や美女の舞、そして一転して後段の激闘と、物語の展開が楽しめる一曲です。狂言「膏薬練」、独鼓「蟻通」にも注目です。
所在地:〒598-0034大阪府泉佐野市長滝814
開催期間:2017年9月18日17:00〜19:30(開場/16:00)
開催場所:蟻通神社(荒天時は長南小学校体育館)
交通アクセス:JR阪和線「長滝駅」から徒歩12分、または阪和自動車道「上之郷IC」「泉佐野南出口」から車約15分
主催:ありとほし薪能実行委員会
料金:当日/A席指定席3500円・B席自由席2500円※前売りあり
問合せ先:ありとほし薪能実行委員会事務局090-2103-5395



posted by かずぼん at 14:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋の大祭(甘酒祭)2017

淡嶋神社の秋の大祭では、祭神の少彦名命が酒造の祖神であることから、神殿に感謝を込めて新米で作られた甘酒が供えられます。参拝客には、無病息災を祈願した冬越しの甘酒が無料授与されます。
所在地:〒640-0103和歌山県和歌山市加太
開催期間:2017年10月3日11:00〜
交通アクセス:南海加太線「加太駅」から徒歩20分
主催:淡嶋神社
問合せ先:淡嶋神社社務所073-459-0043



posted by かずぼん at 13:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

経供養2017

中国から日本に経典が伝来したことを記念して始まった舞楽法要の「経供養」が四天王寺で執り行われます。経堂の経典とあわせて、如法写経会で書写された経文が奉納され、供養されます。昔、この舞は非公開であったため、“見えない”の意味と、“太子殿の掾(えん)の下で舞う”ことから「掾の下の舞」と呼ばれます。
所在地:〒543-0051大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18
開催期間:2017年10月22日13:00〜
交通アクセス:地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ケ丘駅」4番出口から南へ徒歩5分
主催:四天王寺
料金:観覧無料、境内散策自由(一部有料)
問合せ先:四天王寺06-6771-0066



posted by かずぼん at 13:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松原八幡神社秋季例大祭(灘のけんかまつり)2017

松原八幡神社の例祭は別名を「灘のけんかまつり」と呼ばれ、播州地方最大の秋祭りと称されます。宵宮では、各地区から出た7台の屋台がそれぞれの地区内を一巡し、神社へ宮入りの後、境内および楼門前で練り合わせをします。翌日の本宮は、早朝5時からの露払い行事に始まり、海で体を清める潮かきの儀の後、クライマックスでは神社の西約1kmにあるお旅山の練り場(南北を段々畑の桟敷に囲まれた自然の劇場)に移り、3基の神輿のぶつけ合いや、6地区の豪快な屋台練りが行われます。神輿の練り番は、7地区の氏子たちによる7年に一度の当番制となっています。祭りは夜まで賑わいます。
所在地:〒672-8023兵庫県姫路市白浜町
開催期間:2017年10月14日〜15日宵宮/14日、本宮/15日
交通アクセス:山陽電鉄「白浜の宮駅」から徒歩3分
主催:松原八幡神社・氏子総代会
料金:見物無料※神社前・お旅山ともに桟敷席は一般見学の人立入不可
問合せ先:松原八幡神社079-245-0413(10:00〜14:00)



posted by かずぼん at 13:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吉田春日神社秋例大祭2017

東大阪の吉田春日神社の秋例大祭は毎年10月15と16日に開催され、地元の各保存会によるだんじりや太鼓台が氏子各地域を練り歩きます。15日の宵宮には、夕方より座(四座)による酒くらべの神事が行われ、16日の本祭では、午前9時から祭典、午後4時から湯神楽神事の神楽が奉納されます。その後、宮入りの地車や太鼓台の神賑行事が催されます。
所在地:〒578-0924大阪府東大阪市吉田2-6-22
開催期間:2017年10月15日〜16日
交通アクセス:近鉄奈良線「河内花園駅」から徒歩8分
問合せ先:吉田春日神社072-963-2256



posted by かずぼん at 13:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神峯山寺秋の大祭2017

紅葉に包まれた1300年の歴史を持つ古刹、神峯山寺で「秋の大祭」が開催されます。三体のご本尊のひとつ、兜跋毘沙門天(とばつびしゃもんてん)が開帳され、本堂にて曼荼羅法要が執り行われます。この法要へは、神峯山寺のホームページより事前に申込みをすると参加でき、法要後には僧侶とともに朱色に染まる境内の散策や、普段非公開のお堂を参拝することもできます。特に、化城院護摩堂(けじょういんごまどう)の「毘沙門不動護摩」では迫力ある護摩祈願が見学できます。限定朱印の授与もあります。
所在地:〒569-1051大阪府高槻市原3301-1
開催期間:2017年11月23日13:00〜16:00※受付/12:00〜12:45
交通アクセス:JR京都線「高槻駅」から「原大橋行」のバス「神峯山口」〜徒歩20分、または名神高速道路「茨木IC」から車約25分
料金:参加費/1人5000円※化城院「毘沙門不動護摩」での内陣特別祈願を希望の場合は、別途1000円が必要
問合せ先:神峯山寺072-688-0788



posted by かずぼん at 13:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高台寺秋の夜の「観月茶会」2017

夕刻から高台寺の湖月庵でお茶会が催されます。ライトアップされた庭から月を愛で、湯葉料理「羽柴」での点心など、約3時間にわたって初秋の夜を楽しめます。
所在地:〒605-0825京都府京都市東山区高台寺下河原町526
開催期間:2017年9月8日〜24日の金土日受付17:00〜18:00(所要約3時間)
交通アクセス:京阪「祇園四条駅」から徒歩13分、または阪急「河原町駅」から徒歩15分、またはJR「京都駅」から206系統の市バス約20分「東山安井」〜徒歩7分
料金:1人6000円(前日の16:00までに予約が必要)
問合せ先:高台寺075-561-9966



posted by かずぼん at 12:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

観月讃仏会2017

世界遺産にも登録されている唐招提寺で、開山堂の鑑真和上お身代わり像とともに名月を愛でる「観月讃仏会」が行われます。境内には行燈が灯され、荘厳な雰囲気に包まれます。金堂内に灯りが献じられ、本尊盧舎那仏をはじめ、諸尊を参拝することができます。
所在地:〒630-8032奈良県奈良市五条町13-46
開催期間:2017年10月4日18:00〜21:00
交通アクセス:近鉄「西ノ京駅」から徒歩8分、またはJR「奈良駅」もしくは近鉄「近鉄奈良駅」から「六条山行」の奈良交通バス約17分「唐招提寺」すぐ
料金:入山無料
問合せ先:唐招提寺0742-33-7900



posted by かずぼん at 12:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

観月の夕べ2017

寛治元年(1087年)に創建された興福寺の門跡寺院、大乗院の庭園跡である名勝旧大乗院庭園で「観月の夕べ」が行われます。室町時代、足利義政に寵愛された作庭の名手、善阿弥が改造したと伝わる庭園が夜間に特別公開されます。お茶席などの催しもあり、中秋の名月が楽しめます。文化館では大乗院の復元模型や資料展示などが見学できます。
所在地:〒630-8301奈良県奈良市高畑町1083-1
開催期間:2017年10月4日17:30〜20:30※お茶席/〜20:00まで
交通アクセス:JR「奈良駅」もしくは近鉄「近鉄奈良駅」から「天理行」のバス約8分「福智院町」・「奈良ホテル」〜徒歩1分
主催:名勝旧大乗院庭園管理協議会
料金:夜間入園料/300円、お茶席/650円(入園料含む、60席まで)
問合せ先:名勝大乗院庭園文化館0742-24-0808



posted by かずぼん at 12:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住吉大社観月祭2017

別名「太鼓橋」とも呼ばれる住吉大社のシンボル、赤い反橋を舞台に、観月祭が催されます。第一本宮で行われる奉告祭に続き、反橋で冷泉流の入選歌の披講と入選句の朗詠をはじめ、舞楽や、子どもたちによる住吉踊の奉納があります。お茶席(有料)も設けられます。
所在地:〒558-0045大阪府大阪市住吉区住吉2-9-89
開催期間:2017年10月4日18:00〜20:30
開催場所:住吉大社反橋
交通アクセス:阪堺電気軌道阪堺線「住吉駅」もしくは「住吉鳥居前駅」からすぐ、または南海本線「住吉大社駅」から徒歩3分
主催:住吉大社
料金:拝観無料、お茶席(有料)
問合せ先:住吉大社06-6672-0753



posted by かずぼん at 12:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大津祭2017

江戸時代初頭から行われてきた天孫神社の例祭で、国の重要無形民俗文化財に指定されています。宵宮にはコンチキチンの囃子が聞こえ、無数のちょうちんが各町内で飾られます。本祭では、ベルギー製ゴブラン織りや精巧な金具に飾られた豪華絢爛な13基の曳山が巡行するほか、カラクリの披露もあります。
所在地:〒520-0044滋賀県大津市京町
開催期間:2017年10月7日〜8日宵宮/7日夕刻〜21:00、本祭/8日9:30〜18:00
開催場所:JR大津駅前中央大通り一帯
交通アクセス:JR「大津駅」からすぐ
主催:NPO法人大津祭曳山連盟
料金:有料観覧席あり
問合せ先:大津祭曳山展示館077-521-1013



posted by かずぼん at 11:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新薬師寺のハギの見頃2017

数々の貴重な国宝を有する古刹、新薬師寺の境内にハギの花が咲きます。例年9月中旬から10月上旬に見頃を迎えます。
所在地:〒630-8301奈良県奈良市高畑町1352
開催期間:2017年9月中旬〜10月上旬9:00〜17:00
交通アクセス:JR「奈良駅」もしくは近鉄「近鉄奈良駅」から市内循環バス「破石町」〜東へ徒歩10分
料金:拝観料が必要/大人・大学生600円、高中生350円、小学生150円
問合せ先:新薬師寺0742-22-3736



posted by かずぼん at 11:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生駒聖天お彼岸万灯会2017

生駒山中腹にあり、「生駒聖天」の名で知られる宝山寺で万灯会が行われます。山門へと続く石段には献歌を書いた行灯が並べられ、1万灯もの明かりが灯されます。
所在地:〒630-0266奈良県生駒市門前町1-1
開催期間:2017年9月23日17:00頃〜20:00
交通アクセス:近鉄「生駒駅」から生駒ケーブル「近鉄鳥居前駅」〜「宝山寺駅」〜徒歩10分
料金:無料
問合せ先:宝山寺0743-73-2006



posted by かずぼん at 11:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相楽園重文旧ハッサム住宅の一般公開2017

相楽園の園内にある重要文化財の旧ハッサム住宅内部が公開されます。イギリス人貿易商のハッサム氏が、明治35年頃に建てたもので、木造2階建、寄棟造棧瓦葺(よせむねづくりさんかわらぶき)の和洋折衷建築物です。10月20日から11月23日は菊花展が行われるほか、10月21日と11月12日には船屋形が公開され、神戸市教育委員会文化財課による解説もあります。
所在地:〒650-0004兵庫県神戸市中央区中山手通5-3-1
開催期間:2017年10月21日〜11月23日9:00〜16:30(会期中無休)※【船屋形公開】10月21日、11月12日/解説11:00〜12:00、13:00〜14:00、14:30〜15:30
交通アクセス:地下鉄山手線「県庁前駅」から北へ徒歩5分、またはJR神戸線「元町駅」から北西へ徒歩10分、または阪神「元町駅」から北西へ徒歩10分、またはJR神戸線「三ノ宮駅」から市バス「諏訪山公園下」〜南へ徒歩10分
主催:神戸市教育委員会文化財課
料金:入園料/大人300円、小人(中小生)150円
問合せ先:神戸市立相楽園078-351-5155



posted by かずぼん at 11:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

庄内神社秋祭2017

庄内地区氏子を挙げての大祭が行われます。太鼓十数基や子供神輿が町中を巡行し、特に16日と17日夜の、太鼓を担いで宮入りする姿は勇壮です。2日間とも30店ほどの露店が並び、多くの人で賑わいます。
所在地:〒561-0833大阪府豊中市庄内幸町5-22-1
開催期間:2017年10月16日〜17日【1日目】太鼓・みこしの宮入り/9:00〜【2日目】大祭/10:00〜(太鼓・みこしの宮入りあり)
交通アクセス:阪急宝塚線「庄内駅」から徒歩15分、または阪急「梅田駅」から「上津島行」の阪急バス「島江」〜徒歩2分
主催:庄内神社、庄内神社秋祭実行委員会
料金:見物無料
問合せ先:庄内神社社務所06-6331-1287



posted by かずぼん at 10:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

萩まつり道了祭2017

奈良時代より“萩の寺”と呼ばれる東光院の萩の庭は、魯山人により「萩露園」と名付けられ、大阪みどりの百選に選定されています。約3000株の萩の花が最盛期を迎える9月中旬には、毎年「萩まつり道了祭」が開催され、祭神である豊臣秀吉公勧請・道了大権現の特別開扉とともに、法話、写経、茶席、献笛・箏曲、弦楽曲の奉納などが催されます。特に16日の「萩の寺精進料理会・火打ち飯供養接待」、17日の「子規忌へちま供養・萩の四季俳句会」、18日の「萩まつり大茶会」、23日の「世界の恒久平和と人と自然との共生を祈る文化の祭典」と「道了大権現採灯大護摩供」、24日の創建以来続く「秋彼岸大せがき法要」には、多くの参拝者が訪れます。※開催日時の詳細はお問合せください。
所在地:〒561-0882大阪府豊中市南桜塚1-12-7
開催期間:2017年9月16日〜24日9:00〜17:00
交通アクセス:阪急宝塚線「曽根駅」から徒歩4分
主催:萩まつり祭典法要委員会・萩の寺道了講・萩の寺大乗会
料金:大人500円、小人300円
問合せ先:東光院06-6852-3002



posted by かずぼん at 10:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西宮まつり2017

福の神、商売の神として知られ、「えべっさん」の名で親しまれている西宮神社の秋祭りは、毎年9月21日から3日間にわたり開催されます。21日は宵宮祭、奉納演芸会が、22日は例祭、稚児行列、こども樽みこしなどの行事があります。23日は、古儀に則り約300人の氏子らが日本伝統の装束で練り歩く「陸渡御」が見どころとなっています。海では、えびす様を載せた御座船を中心に神幸する「海上渡御」が執り行われます。
所在地:〒662-0974兵庫県西宮市社家町1-17
開催期間:2017年9月21日〜23日【21日】宵宮祭、奉納演芸会【22日】例祭、稚児行列、こども樽みこし【23日】渡御祭(陸渡御、海上渡御)
交通アクセス:阪神「西宮駅」から徒歩5分、またはJR神戸線「さくら夙川駅」から徒歩10分、またはJR神戸線「西宮駅」南出口から南西へ徒歩20分
主催:西宮まつり協議会
問合せ先:西宮神社0798-33-0321



posted by かずぼん at 10:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

好古園観月会2017

中秋の名月にあわせて、好古園で観月会が開催されます。ライトアップされた日本庭園が21時まで開園され、散策しながら中秋の名月を楽しむことができます。和太鼓などの演奏会や、月見茶会も行われます。
所在地:〒670-0012兵庫県姫路市本町68
開催期間:2017年10月4日9:00〜21:00(入園は20:30まで)※雨天の時は翌日に順延
開催場所:姫路城西御屋敷跡庭園好古園
交通アクセス:JR神戸線・山陽電鉄「姫路駅」から徒歩15分もしくは神姫バス約5分「姫路城大手門前」下車
主催:一般財団法人姫路市まちづくり振興機構、姫路市
料金:入園料が必要/大人(18歳以上)300円、小人(高中小生)150円
問合せ先:姫路城西御屋敷跡庭園・好古園079-289-4120



posted by かずぼん at 18:56| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする