2017年11月05日

観心寺除夜の鐘2017

弘法大師空海が道場としたことで知られる真言宗の名刹、観心寺では、大晦日の23時30分頃から除夜の鐘つきが始まります。一般の人もつくことができ、回数に制限はありません。鐘をついて、新たな気持ちで新年を迎えることができます。先着600人に、新しいかやの実のふるまいもあります。※駐車場があります。
所在地:〒586-0053大阪府河内長野市寺元475
開催期間:2017年12月31日終日開門
交通アクセス:南海高野線・近鉄長野線「河内長野駅」から南海バス約15分「観心寺」下車
問合せ先:観心寺0721-62-2134




posted by かずぼん at 15:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石山寺除夜の鐘2017

奈良時代後期の開創で、紫式部ゆかりの地として有名な石山寺では、元旦2時より除夜の鐘を一般参拝者も撞くことができます(先着108人)。鎌倉時代に建立された鐘楼に吊るされた梵鐘は、平安時代の作とされ、鐘の向こう側の撞木を引いて撞く珍しいものです。鐘楼と梵鐘は重要文化財に指定されています。
所在地:〒520-0861滋賀県大津市石山寺1-1-1
開催期間:2017年12月31日〜1月1日開門/0:00、除夜の鐘/2:00〜、香水加持法要/4:00
交通アクセス:京阪「石山寺駅」から徒歩10分もしくは京阪バス「石山寺山門前」下車
料金:正月3が日は入山無料
問合せ先:石山寺077-537-0013



posted by かずぼん at 13:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三井寺除夜の鐘2017

西国三十三所霊場、第14番札所の三井寺では、「日本三名鐘」「日本の音風景百選」「近江八景・三井の晩鐘」などにあげられる名鐘をつくことができます。目玉餅(めだまもち)などの授与があるほか、甘酒のふるまいも行われます。
所在地:〒520-0036滋賀県大津市園城寺町246
開催期間:2017年12月31日除夜の鐘/翌0:00〜
交通アクセス:京阪「三井寺駅」から徒歩10分、またはJR「大津駅」から京阪バス「三井寺」すぐ、またはJR湖西線「大津京駅」から京阪バス「三井寺」すぐ
料金:参加費1000円(目玉餅ほか授与品)
問合せ先:総本山三井寺077-522-2238



posted by かずぼん at 13:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゆく年・くる年温泉寺&湯泉神社除夜の鐘つきと初詣2018

有馬温泉街にある温泉寺の「除夜の鐘」を聞きながら、ゆく年を惜しみ、来る年に願いを込めて、すぐそばの湯泉神社に「初詣」します。ねがい坂から湯泉神社までの参道に明かりが灯されるほか、湯泉神社本殿がライトアップされます。境内では年越しコンサートをはじめ、無病息災を祈願する大根炊きのふるまい(数量限定)が行われます。
所在地:〒651-1401兵庫県神戸市北区有馬町
開催期間:2017年12月31日23:00〜
開催場所:温泉寺、湯泉神社、念仏寺、極楽寺
交通アクセス:神戸電鉄「有馬温泉駅」から徒歩10分
問合せ先:有馬温泉観光総合案内所078-904-0708



posted by かずぼん at 13:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

金剛輪寺初観音大般若転読会2018

金剛輪寺で毎年1月18日に初観音が厳修されます。6人の僧により六百巻の大般若経が転読され、一年の無病息災を観音様に祈願します。名物の厄除「かぶら汁」の無料接待も行われます。
所在地:〒529-1202滋賀県愛知郡愛荘町松尾寺873
開催期間:2018年1月18日
交通アクセス:JR琵琶湖線「稲枝駅」から車約15分
主催:金剛輪寺
料金:入山料/600円
問合せ先:金剛輪寺0749-37-3211



posted by かずぼん at 09:14| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

尊鉢厄神除夜の鐘2017

厄除開運、家内安全のご利益で知られる尊鉢厄神釈迦院では、元日より除夜の鐘が撞かれ、一般の参詣客も参加することができます。厄神殿にて護摩が焚かれるほか、先着で甘酒の無料接待が行われます。
所在地:〒563-0024大阪府池田市鉢3-4-6
開催期間:2017年12月31日翌0:00〜
交通アクセス:阪急宝塚線「池田駅」からバス「尊鉢」〜徒歩7分
主催:釈迦院
問合せ先:尊鉢厄神釈迦院072-761-8761



posted by かずぼん at 09:13| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春日神火祭2018

春日神社で正月三が日の間、境内の真ん中で御神火を焚き続ける祭が行われます。煙を身体に当て厄払いをし、新しい年に向けての無病息災を祈願します。1日のみ「古代米 あま酒まつり」(無料)が催され、古代春日米の米麹から造られた赤色の甘酒が、参拝客にふるまわれます。1日、2日は書初コーナーがあり、誰でも参加できます。
所在地:〒642-0022和歌山県海南市大野中1056
開催期間:2018年1月1日〜3日
交通アクセス:JRきのくに線「海南駅」東出口から徒歩15分もしくは「野上方面行」のオレンジバス「大野中」〜徒歩5分
料金:見学無料
問合せ先:春日神社073-483-7547



posted by かずぼん at 09:12| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こつま南瓜祭り2017

冬至の日に無病息災を祈願し、生根神社の境内で、中風除けや莫気(ボケ)払いによいとされる蒸しカボチャが振る舞われます(有料/なくなり次第終了)。「こつま南瓜祭り」の“こつま”とは、神社のある玉出の古名を勝間(こつま)村といったことに由来します。勝間村の名産のひとつに「勝間南瓜」があり、江戸時代の飢饉の際、人々がこの南瓜により飢えをしのぎ、命を救ってもらったお礼に南瓜を奉った「こつま南瓜塚」が、今も境内に残ります。※駐車場はありません。
所在地:〒557-0045大阪府大阪市西成区玉出西2-1-10
開催期間:2017年12月22日9:00〜14:30頃まで(カボチャがなくなり次第終了)
交通アクセス:地下鉄四ツ橋線「玉出駅」から徒歩3分、または南海本線「岸里玉出駅」から徒歩3分
主催:生根神社
料金:蒸しカボチャ初穂料/800円
問合せ先:生根神社06-6659-2821



posted by かずぼん at 09:11| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

せんなん再発見!歩く講座・秋の健康ウォーク2017

泉南市の歴史と魅力が堪能できる「せんなん再発見!歩く講座・秋の健康ウオーク」が開催されます。あいぴあ泉南(泉南市総合福祉センター)に集合し、「泉南案内人の会」による解説を聞きながら、歴史情緒あふれる紀州熊野街道の旧本陣界隈から長慶寺まで約4kmの道のりを歩きます。旧本陣角谷(つのや)家当主による案内や、長慶寺住職による法話(予定)もあります。※往復はがき・FAX・メールにて事前申し込みが必要、詳しくは泉南市観光案内所へお問い合わせください。(申込期間/11月1日〜20日)
所在地:〒590-0521大阪府泉南市樽井1-8-47
開催期間:2017年11月25日9:30(集合)
開催場所:大阪府泉南市あいぴあ泉南(集合)〜長慶寺本堂
交通アクセス:JR阪和線「和泉砂川駅」から徒歩20分
料金:参加費/500円(入館料・資料代・損害保険代を含む)※定員あり(事前申込み制)。詳細は泉南市観光案内所までお問合せください(申込期間/11月1日〜20日)
問合せ先:泉南市観光案内所072-493-8948

[ここに地図が表示されます]




posted by かずぼん at 13:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四天王寺ワッソ2017

古代大阪と東アジアの国際交流を雅やかに再現したお祭り、「四天王寺ワッソ」が史跡なにわの宮跡公園で開催されます。プレステージで、東アジアの伝統芸能が披露され、恒例のミニ歴史劇に続き、古代衣装を纏った1000人によるパレードが始まります。会場入口のエントランス広場では、アジアと日本各地の物産販売に加え、大阪府下「道の駅」が登場します。子ども向け遊具やバルーンアート、古代衣装を着て写真撮影や、マスコットキャラクターとのふれあいなど、家族で楽しめるわくわく体験広場もあります。
所在地:〒540-0006大阪府大阪市中央区法円坂1
開催期間:2017年11月5日10:30〜17:00(晴天時)※プレステージ/11:30〜、式典/13:00、ミニ歴史劇・巡行催事/13:15〜 ほか※雨天時は大阪国際交流センター/開場12:30、開演13:00
開催場所:大阪市史跡なにわの宮跡公園(※雨天時は大阪国際交流センター/席に限りあり)
交通アクセス:地下鉄「谷町四丁目駅」10号出口から徒歩2分
主催:四天王寺ワッソ実行委員会
料金:入場無料
問合せ先:四天王寺ワッソ実行委員会06-6371-8703



posted by かずぼん at 12:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

京都御苑の紅葉2017

京都中心部にありながら、豊かな自然溢れる京都御苑の広大な敷地には、さまざまな植物が生育しており、四季折々の自然を感じることができます。例年11月中旬になると、苑内のケヤキ、イチョウ、モミジ、サクラなどが、黄、赤、橙と色とりどりに染まりはじめ、紅葉狩りが楽しめます。閑院宮邸跡や拾翠亭など、歴史的価値の高い建造物が紅葉に彩られる様子も見応えがあります。草むらで鳴く秋の虫たちや、木の実を目当てにやってくる野鳥を観察するのも一興です。苑内の京都御所でも、紅葉を観賞することができます。
所在地:〒602-0881京都府京都市上京区京都御苑3
開催期間:2017年11月中旬〜12月中旬
交通アクセス:地下鉄烏丸線「丸太町駅」または「今出川駅」からすぐ
問合せ先:環境省京都御苑管理事務所075-211-6348(平日のみ)



posted by かずぼん at 19:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神農祭2017

「神農さん」と親しまれる少彦名神社の祭で、大阪では一年の最後に斎行されるため「とめの祭」とも呼ばれます。神社のお守りとされる張子の虎は、疫病が大流行した時に作られた薬とともに神前に供えられ、疫除祈願を込めたお守りとして参詣客に授与したことに始まったといわれます。参拝客が奉納する浪速神楽や、文化講演会(予約が必要)なども行われます。
所在地:〒541-0045大阪府大阪市中央区道修町2-1-8
開催期間:2017年11月22日〜23日10:00〜20:00
交通アクセス:地下鉄堺筋線または京阪線「北浜駅」から徒歩2分、または地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」13番出口から徒歩7分
主催:少彦名神社
料金:神虎(張り子の虎)2500円
問合せ先:少彦名神社06-6231-6958



posted by かずぼん at 16:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二尊院の紅葉2017

百人一首で名高い小倉山のふもとにあり、釈迦如来と阿弥陀如来の2つの本尊が寺名の由来となった天台宗の名刹二尊院は、「モミジの馬場」と呼ばれる参道が有名です。約100mの広い参道の両脇には、赤や黄色に染まった木々が圧巻で、参拝に訪れた人を迎えます。※紅葉のシーズンは、大変混雑するため、公共交通機関のご利用をおすすめします。
所在地:〒616-8425京都府京都市右京区嵯峨二尊院門前長神町27
開催期間:2017年10月下旬〜12月上旬
交通アクセス:JR嵯峨野線「嵯峨嵐山駅」から徒歩20分、またはJR「京都駅」・阪急「四条河原町駅」から市バス「嵯峨釈迦堂前」〜徒歩10分
料金:大人(中学生以上)500円、小人(小学生以下)無料
問合せ先:二尊院075-861-0687



posted by かずぼん at 15:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吉田神社の紅葉2017

平安京を守る鎮守神として創建され、全国の神々を祀るお社「大元宮」がある吉田神社では、例年10月下旬から境内の木々が色づき始めます。特に本殿前、石階段、竹中稲荷社などで、赤や黄色の色鮮やかな紅葉を楽しむことができます。
所在地:〒606-8311京都府京都市左京区吉田神楽岡町30
開催期間:2017年10月下旬〜11月下旬開門時間/9:00〜17:00
交通アクセス:京阪「出町柳駅」から徒歩20分、またはJR「京都駅」から206系統「東山通北大路バスターミナル行」の市バス「京大正門前」〜徒歩5分
問合せ先:吉田神社075-771-3788



posted by かずぼん at 14:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

施福寺(槇尾寺)の紅葉2017

西国三十三所の第4番札所である施福寺(槇尾寺)には約200本のモミジがあり、背景となる山々とともに、赤く色づいた見事な紅葉を楽しめます。西国三十三所の中でも難所として知られ、山門から槇尾山の頂上付近に位置する本堂までの急な階段を登り切ると、晴れた日には岩湧山、金剛山まで見渡すことができます。内陣の仏像(弥勒菩薩、十一面千手千眼観音、文殊菩薩、馬頭観音、方違大観音、そのほか諸仏)も全て常時公開されています。
所在地:〒594-1131大阪府和泉市槇尾山町136
開催期間:2017年10月下旬〜11月下旬
交通アクセス:JR阪和線「和泉府中駅」から「槙尾山口行」の南海バス約40分「槙尾中学校前」乗換〜シャトルバス約10分「終点」〜徒歩30分(本数僅少)
料金:拝観料500円
問合せ先:施福寺(槇尾寺)0725-92-2332



posted by かずぼん at 13:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

円通寺もみじまつり2017

南北朝時代に足利義満により創建された名刹、円通寺は、青垣町の高源寺、山南町の石龕寺とともに「丹波もみじ三山」の一つに数えられています。例年11月中旬が紅葉のピークで、朱や黄金など色鮮やかな紅葉が広い境内を覆い、水面を染める絶景が望めます。もみじまつりでは、円通寺寺宝展や写真・絵画展をはじめ、スケッチ大会、投句会、野点、地元農産物(葉ボタン、白菜、黒豆ほか)の販売などが催されます。
所在地:〒669-3633兵庫県丹波市氷上町御油983
開催期間:2017年11月12日9:00〜16:00
交通アクセス:JR福知山線「石生駅」から車約20分もしくは「佐治・青垣住民センター行」の神姫グリーンバス「幸世橋」から徒歩15分
主催:もみじまつり実行委員会
料金:入山料/大人300円、中学生以下無料
問合せ先:丹波市観光協会あおがき観光案内所0795-87-2222



posted by かずぼん at 13:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬鳴山の紅葉2017

「大阪緑の百選」に選ばれている犬鳴山(いぬなきさん)には、豊かな自然が残されており、秋にはコナラなどの広葉樹やモミジが紅葉し、山道に彩りを添えます。ハイキングを楽しめるほか、大小48の滝は犬鳴山七宝滝寺の修行場としても知られます。近隣には犬鳴山温泉もあります。
所在地:〒598-0023大阪府泉佐野市大木
開催期間:2017年11月中旬〜下旬
交通アクセス:JR阪和線「日根野駅」から南海バス約20分「犬鳴山」〜徒歩30分
問合せ先:泉佐野市観光協会072-469-3131



posted by かずぼん at 13:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高源寺の紅葉2017

鎌倉時代に高源寺を開山した遠谿祖雄禅師により、中国杭州の天目山より持ち帰ったとされる天目楓が、例年11月上旬から色づき始めます。天目楓は葉が小さく、切れ込みが深く、枝が垂れ下がるのが特徴で、昔から「三丹随一の紅葉」と称されます。紅葉の美しい頃にはライトアップも施されます。毎年11月3日に「山開き」が行われ、“お琴の演奏会”や“甘酒の無料接待”(先着200人)があります。
所在地:〒669-3821兵庫県丹波市青垣町桧倉514
開催期間:2017年11月上旬〜下旬開門時間/8:30〜17:00(10月〜3月)
交通アクセス:JR福知山線「柏原駅」から「佐治行」もしくは「青垣住民センター前行」の神姫グリーンバス「佐治」〜車約10分
主催:高源寺保存会
料金:入山料/大人300円
問合せ先:高源寺0795-87-5081



posted by かずぼん at 12:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

書写山もみじまつり2017

書写山の秋を彩るもみじの見頃にあわせて、通常非公開の重要文化財である十妙院の襖絵、金剛堂、本多家廟所が公開されます。もみじのライトアップのほか、18日に常行堂でジャズライブも行われます。※文化財保護のため、雨天時には公開が中止される場合があります。
所在地:〒671-2201兵庫県姫路市書写2968
開催期間:2017年11月17日〜19日10:00〜20:00
交通アクセス:JR神戸線・山陽電鉄「姫路駅」から「書写ロープウェイ行」の神姫バス約30分「書写駅」〜ロープウェイ約4分「山上駅」〜徒歩20分(志納所前から摩尼殿の下までマイクロバス運行※特別志納金が必要)
主催:姫路市観光振興課、書写山圓教寺
料金:志納金500円
問合せ先:姫路市観光振興課079-287-3652



posted by かずぼん at 12:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

観心寺の紅葉2017

観心寺では、例年11月中旬になると国宝に指定されている金堂などが、赤のモミジや黄色のイチョウで美しく彩られます。11月25日から26日には、金堂のライトアップも行われます。春は桜の名所としても知られ、関西花の寺二十五番霊場にも数えられます。
所在地:〒586-0053大阪府河内長野市寺元475
開催期間:2017年11月上旬〜12月上旬【観心寺金堂ライトアップ】11月25日〜26日/17:00〜20:30
交通アクセス:南海高野線・近鉄長野線「河内長野駅」から南海バス約15分「観心寺」下車
主催:河内長野市観光協会
料金:入山拝観料/大人300円、中小生100円
問合せ先:観心寺0721-62-2134



posted by かずぼん at 12:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする