2018年02月12日

信達宿のふじまつり2018

梶本家の庭が一般公開され、野田藤を鑑賞することができます。1本の野田藤に約4万房の花房が咲き誇り、その高貴な香りと色彩にひたることができます。28日と29日には、コンサートや平安女人衣装の着衣体験などのイベントが行われます。
所在地:〒590-0522大阪府泉南市信達牧野1338
開催期間:2018年4月23日〜29日公開時間/10:00〜17:00※まつり開催期間は、花の最盛期に行われるため変更の場合あり
開催場所:大阪府泉南市ふじまつり会場
交通アクセス:JR阪和線「和泉砂川駅」から徒歩8分
主催:信達宿藤保存会
料金:協力金100円
問合せ先:熊野街道信達宿藤保存会090-4281-8741(開設期間/3月1日〜5月10日)



posted by かずぼん at 14:40| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

弘法大師会2018

真言宗祖師、弘法大師の祥月命日にあたる3月21日は、午前10時30分頃から四天王寺の講堂で命日の供養があり、続いて弘法大師像前にて法要が厳修されます。弘法大師会は1日2回厳修され、2回目は13時30分から弘法大師像前でのみ行われます。境内には終日、露店が軒を並べ、大勢の参拝客が訪れます。
所在地:〒543-0051大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18
開催期間:2018年3月21日拝観時間/8:00〜17:00
交通アクセス:地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ケ丘駅」4番出口から南へ徒歩5分
主催:四天王寺
料金:境内散策自由、一部有料
問合せ先:四天王寺06-6771-0066



posted by かずぼん at 14:38| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旧ハンター住宅館内公開2018

王子動物園内の一角に移築されている「旧ハンター住宅」館内の公開が行われます。神戸市内最大級の異人館で、国の重要文化財にも指定されています。毎年、4月から5月、10月に行われています。
所在地:〒657-0838兵庫県神戸市灘区王子町3-1
開催期間:2018年4月1日〜5月31日9:30〜16:30※休園日は毎週水曜(祝日の場合は開園、4月4日は臨時開園)
交通アクセス:阪急「王子公園駅」から西へ徒歩3分、またはJR神戸線「灘駅」から北へ徒歩5分
料金:大人(高校生以上)600円、中学生以下無料
問合せ先:神戸市立王子動物園078-861-5624



posted by かずぼん at 14:37| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

利倉春日神社

正面に立ってまず目に飛び込んでくるのが、神社を覆いつくすほどの豊かな緑。これらの緑は市の保護樹林に指定されています。中には、モチとニレの木が上の方でくっついている珍しい木があり、縁結びの木として親しまれています。また、境内には、淳和天皇の妃の墓といわれる正子塚があります。

所在地:豊中市利倉1−3−14

[ここに地図が表示されます]


DSCN2952.JPG

DSCN2950.JPG

DSCN2953.JPG

DSCN2954.JPG

DSCN2947.JPG

J0010030.jpg

DSCN2951.JPG

DSCN2955.JPG

DSCN2948.JPG

DSCN2949.JPG

J0010032.jpg

J0010035.jpg

J0010031.jpg

J0010034.jpg

J0010036.jpg

J0010033.jpg

J0010037.jpg



posted by かずぼん at 14:35| 神社寺散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

利倉南遺跡

案内の看板には次のように書かれていました。
この遺跡は、猪名川東岸 利倉3丁目付近を中心に広がる遺跡で、古くから中世の遺跡として存在が知られていました。しかし昭和62年以降の調査の結果、古墳時代中期の方墳がみつかり、周辺一帯に古墳群の存在が推測されるようになりました。市内では、古墳時代中期の古墳群としては、唯一丘陵上にある桜塚古墳群が有名ですが、この遺跡の古墳に葬られている人たちはに支配された有力集落の構成員たちであったと思われます。この古墳群の発見は、低地部における古墳群の存在を明らかにするとおもに、豊中の古墳時代社会の一端を明らかに示すのとして重要です。

所在地:大阪府豊中市利倉3丁目(新豊島川沿)

J0010028.jpg

J0010029.jpg



posted by かずぼん at 14:31| 遺跡散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

椋橋総社

素戔嗚尊が高天原より鯉に乗って降臨した地とされる。神功皇后が三韓征討に赴く際に、神々を集めて祈った場所とされる。また行基が猪名川に橋を架けようとしたが叶わず祈願したところ、鯉が群れをなして架橋を助けたため、鯉塚を建てて殺生を禁じた。素戔嗚尊が高天原より鯉に乗って降臨した地とされる。神功皇后が三韓征討に赴く際に、神々を集めて祈った場所とされる。また行基が猪名川に橋を架けようとしたが叶わず祈願したところ、鯉が群れをなして架橋を助けたため、鯉塚を建てて殺生を禁じた。また、境内には承久の乱(1221年)の発端となった白拍子菊亀ゆかりの「菊亀天満宮」があることでも有名。

所在地:〒561-0835大阪府豊中市庄本町1-2-4

○イベント
秋季例大祭
10月13日 (宵宮)
10月14日 (本宮)
太鼓巡行
(宵宮) 午後7:00〜10:00
(本宮) 午前9:30〜午後10:00
祭典(神事)午前10:00〜11:00

[ここに地図が表示されます]


J0010025.jpg

J0010024.jpg

J0010021.jpg

J0010023.jpg

DSCN2945.JPG

J0010026.jpg

DSCN2944.JPG



posted by かずぼん at 14:28| 神社寺散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上津島南遺跡

案内の看板には次のように書かれています。
今から二千年以上も昔、猪名川は何度となく氾濫を繰り返し、多くの土砂を運んでは流域にいくつもの微高地を形づくりました。上津島南遺跡をはじめ島田遺跡や庄内遺跡はいずれもそうした微高地の上に営まれた集落遺跡です。この遺跡は、これまでの調査によって弥生時代から鎌倉時代にかけての集落遺跡であることが判明しています。なかでも奈良時代では、十数棟の建物跡とともに立派なせいろ組の井戸が検出され、井戸の中からは難波宮で使用されたものと同じ瓦が出土していることから、中央政府と関係を持った役所跡ではないかと考えられます。また、平安時代から鎌倉時代にかけての集落跡でも、多くの建物跡、井戸、墓などが見つかり、役人が束帯につけたとみられる石製の飾りや、遠くの各地でつくられた焼き物類が出土していいることから、猪名川の水運に支えられた有力集落の一つであったと考えられています。

所在地:大阪府豊中市上津島1丁目(新豊島川沿)

J0010027.jpg



posted by かずぼん at 14:26| 遺跡散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

庄内神社

庄内神社は、大阪府豊中市南部(庄内地区)に鎮座する神社。
○由緒
服部天神宮・服部住吉神社・原田神社などの豊中市内各社に比べると歴史は新しく、庄内村各字に祀られていた7社を、1906年(明治39年)の勅令により合祀し庄内神社と号したことに始まる。当初は島江稲荷神社の位置に配祀、1912年(大正元年)10月に現在地へ遷座した。なお、庄内神社の元となった各社は、概ね江戸時代に端を発すると伝えられるものが多い。庄内の街は豊南市場や商店街が日々賑わいを見せているが、当社殿は繁華街から西へ離れた静かな住宅地に位置し、小さいながら鎮守の森も美しく保たれている。

○祭神
保食神
宇迦之御魂神
応神天皇
神功皇后
稜威雄走神
素盞嗚尊

○末社
括弧内は祭神。
大黒社(少彦名命・大己貴命・天照大神・住吉大神)
戎神社(蛭子命・事代主神)

○合祀前の各社
大字野田:八幡神社
大字牛立:八幡神社
大字島江:稲荷神社
大字菰江:稜威(みいつ)天王社
大字洲到止(すどうし):八幡神社
大字島田:稲生神社
大字庄本新家(しょうもとしんけ):保食神社

○主な祭礼
庄内戎祭1月9日-11日
例大祭(秋祭り)10月16日

○教育
学校法人庄内神社学園として、庄内幼稚園及び庄内たちばな保育園を運営している。

○交通
阪急宝塚本線庄内駅下車 徒歩15分(1km近く離れており経路も複雑なため、下記の阪急バスの方が便利)
阪急バス島江バス停下車、北東へ徒歩2分。11系統 梅田-十三-島江-上津島
21系統 江坂駅前-庄内駅前-島江-上津島-江坂駅前
22系統 江坂駅前-上津島-島江-庄内駅前-江坂駅前
24系統 江坂駅前-庄内駅前-島江-上津島-園田駅前

○所在地
大阪府豊中市庄内幸町5丁目22-1

[ここに地図が表示されます]


DSCN2939.JPG

DSCN2941.JPG

J0010015.jpg

DSCN2940.JPG

DSCN2943.JPG

DSCN2942.JPG



posted by かずぼん at 14:24| 神社寺散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月03日

春季彼岸会2018

春分の日とその前後3日間の春のお彼岸に、各お堂で先祖供養のおつとめ(追善回向)が行われます。境内には多くの露店が軒を並べ、終日多くの人で賑わいます。
所在地:〒543-0051大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18
開催期間:2018年3月18日〜24日拝観時間/8:00〜17:00(六時堂/8:00〜18:00)
交通アクセス:地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ケ丘駅」4番出口から南へ徒歩5分
主催:四天王寺
料金:境内散策自由、一部有料
問合せ先:四天王寺06-6771-0066



posted by かずぼん at 11:27| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勝尾寺の桜2018

緋寒桜、シダレザクラ、八重桜、ヤマザクラなどの勝尾寺の桜は、山中にあるため里の桜が散る頃に見頃を迎えます。黄色い桜など、ほかではなかなか目にすることのできない珍しい花びらを見つけるのも、楽しみのひとつです。
所在地:〒562-8508大阪府箕面市勝尾寺
開催期間:2018年4月中旬〜5月上旬
交通アクセス:北大阪急行・地下鉄御堂筋線「千里中央駅」から車約20分もしくは阪急バス約30分「勝尾寺」〜徒歩1分
料金:入山料が必要
問合せ先:勝尾寺072-721-7010



posted by かずぼん at 11:26| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楠公さくら祭2018

四條畷神社は、楠正行公を主神に弟正時以下24人が祀られています。明治天皇の勅許により明治23年に鎮座したことにちなみ、毎年この日に「楠公さくら祭」が行われます。踊りなどの奉納行事が催されます。
所在地:〒575-0021大阪府四條畷市南野2-18-1
開催期間:2018年4月5日
交通アクセス:JR学研都市線「四条畷駅」から徒歩10分
主催:四條畷神社
問合せ先:四條畷神社072-876-0044



posted by かずぼん at 11:25| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

三井倉庫・富島倉庫跡

明治初頭、このあたりに外国人居留地が設けられ、開港場となると、大阪に入ってくる貨物のほとんどは安治川を上って当地区で荷揚げを行い、貿易の拠点として非常に賑わいました。船会社の事務所や輸出入業者の倉庫などもたくさん立ち並び、当時をしのばせる赤レンガ造りの倉庫がありました。2014年12月にはすでに取り壊されてなくなっていました。

所在地:大阪府大阪市西区川口4-9-36



posted by かずぼん at 19:52| 建築物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

松苗神事2018

江戸時代に、有名な住吉の松が枯死するのを見かねた俳人たちが、住吉大社の参拝者に松の苗木の寄進をすすめたことにちなんだ神事です。松の苗の植樹が行われるほか、神前では俳句の披講もあります。
所在地:〒558-0045大阪府大阪市住吉区住吉2-9-89
開催期間:2018年4月3日11:00〜11:30頃
交通アクセス:阪堺電気軌道阪堺線「住吉駅」もしくは「住吉鳥居前駅」からすぐ、または南海本線「住吉大社駅」から徒歩3分
主催:住吉大社
料金:境内散策自由
問合せ先:住吉大社社務所06-6672-0753



posted by かずぼん at 17:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

道明寺天満宮筆まつり2018

古くなった筆に感謝し、さらなる書道の上達を祈願する神事が道明寺天満宮で開催されます。事前に持ち寄られた筆が境内の筆塚で焼納されます。境内では、毎月25日恒例の骨董市も行われます。
所在地:〒583-0012大阪府藤井寺市道明寺1-16-40
開催期間:2018年4月25日11:00〜
交通アクセス:近鉄「道明寺駅」から徒歩3分
問合せ先:道明寺天満宮072-953-2525



posted by かずぼん at 16:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

弘法大師会2018

真言宗祖師、弘法大師の祥月命日にあたる3月21日は、午前10時30分頃から四天王寺の講堂で命日の供養があり、続いて弘法大師像前にて法要が厳修されます。弘法大師会は1日2回厳修され、2回目は13時30分から弘法大師像前でのみ行われます。境内には終日、露店が軒を並べ、大勢の参拝客が訪れます。
開催期間:2018年3月21日拝観時間/8:00〜17:00
交通アクセス:地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ケ丘駅」4番出口から南へ徒歩5分
主催:四天王寺
料金:境内散策自由、一部有料
問合せ先:四天王寺06-6771-0066



posted by かずぼん at 16:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

越木岩神社春祭2018

子授け、安産祈願にご利益があるとされる越木岩神社で、今年の豊年満作を祈願する春祭が行われます。午後2時から拝殿にて祭典が斎行されます。
所在地:〒662-0092兵庫県西宮市甑岩町5-4
開催期間:2018年3月4日14:00〜
交通アクセス:阪急「甲陽園駅」もしくは「苦楽園口駅」から徒歩20分、またはJR神戸線「さくら夙川駅」から阪急・阪神バス「越木岩神社北」下車
問合せ先:越木岩神社0798-31-0009



posted by かずぼん at 22:23| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

越木岩神社椿まつり2018

昔、花が咲く頃に疫病が流行したことから、病気にかからないように祈念する「鎮花祭」が始まりました。越木岩神社にはヤブ椿が自生しており、見事な花をつけることから「椿まつり」として行われています。例年、鎮花祭と奉納演芸が催されています。
所在地:〒662-0092兵庫県西宮市甑岩町5-4
開催期間:2018年3月18日鎮花祭/10:00〜、奉納演芸/11:00〜
交通アクセス:阪急「甲陽園駅」もしくは「苦楽園口駅」から徒歩20分、またはJR神戸線「さくら夙川駅」から阪急・阪神バス「越木岩神社北」下車
問合せ先:越木岩神社0798-31-0009



posted by かずぼん at 22:22| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

えんま天供2018

無病息災、特に中風除けにご利益があるとされる中山寺の恒例行事「えんま天供」が行われます。ご祈祷済みの大根がいただけます。西国三十三所の第二十四番札所として親しまれています。
所在地:〒665-8588兵庫県宝塚市中山寺2-11-1
開催期間:2018年2月16日10:00〜14:00頃
交通アクセス:阪急宝塚線「中山観音駅」から徒歩1分、またはJR宝塚線「中山寺駅」から徒歩10分
主催:中山寺
料金:祈祷有料
問合せ先:中山寺0797-87-0024



posted by かずぼん at 22:21| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

好古園いけばな展2018

約1万坪の池泉回遊式の日本庭園、姫路城西御屋敷跡庭園 好古園で、「いけばな展」が開催されます。伝統的な華道から近代的な華道まで、姫路茶華道会の力作が展示されます。庭園ではアセビが彩りを添えます。
所在地:〒670-0012兵庫県姫路市本町68
開催期間:2018年3月20日〜25日9:00〜17:00(入園は16:30まで)
交通アクセス:JR神戸線・山陽電鉄「姫路駅」から徒歩15分もしくは神姫バス約5分「姫路城大手門前」下車
主催:姫路市、一般財団法人姫路市まちづくり振興機構
料金:入園料が必要/大人(18歳以上)300円、小人(高中小生)150円
問合せ先:姫路城西御屋敷跡庭園・好古園079-289-4120



posted by かずぼん at 22:19| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018南京町春節祭

南京町一帯で旧正月を祝う恒例のお祭りが行われます。中国の歴史上の人物「楊貴妃」や「孔明」「劉備」などに扮した一般参加者と実行委員たちによるパレードをはじめ、獅子舞などの伝統芸能が催されます。限定品や豪華賞品が当たるポチ袋くじなども販売され、毎年多くの人で賑わいます。
所在地:〒650-0023兵庫県神戸市中央区栄町通1〜2、元町通1〜2
開催期間:2018年2月16日〜18日11:00頃〜20:00頃 ※2月11日/プレイベント
開催場所:南京町一帯
交通アクセス:JR神戸線「元町駅」・阪神「元町駅」から徒歩5分、またはJR神戸線「三ノ宮駅」もしくは阪神・阪急「神戸三宮」もしくは地下鉄「三宮駅」から徒歩10分、または地下鉄「旧居留地・大丸前」から徒歩2分
主催:南京町春節祭実行委員会
料金:見物無料
問合せ先:南京町春節祭実行委員会事務局078-332-2896



posted by かずぼん at 22:18| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする