2017年05月25日

篝の舞楽2017

四天王寺の伽藍内、講堂の前庭に設けられた舞台で、燃えさかる篝火の薄明かりの中、舞楽が厳かに奏されます。2017年度の次第は、振鉾(えんぶ)、甘州(かんしゅう)、地久(ちきゅう)、抜頭(ばとう)、長慶子(ちょうげいし)が繰り広げられ、夏の宵のひとときを幻想の世界へと誘います。
所在地:〒543-0051大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18
開催期間:2017年8月4日開場/18:30〜、開演/19:00〜※雨天の場合は、本坊五智光院にて開催
開催場所:四天王寺伽藍内講堂前庭
交通アクセス:地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ケ丘駅」4番出口から南へ徒歩5分
主催:天王寺舞楽協会
料金:1000円
問合せ先:天王寺舞楽協会事務局(四天王寺内)06-6771-0066



posted by かずぼん at 22:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近代製紙業発祥の地

この地は江戸時代熊本藩蔵屋敷であったが、明治になって後藤象二郎が経営する蓬莱社が払い下げをうけ 同八年(1875)二月にイギリス製の機械を用いて洋紙の製造をはじめた。これが日本の洋紙製造業の発祥という
(説明板)
近代製紙業発祥の地
この地は,明治八年(1875)に日本ではじめて洋紙がつくられた場所です。明治四年(1871)、大阪の商人平野屋五兵衛(ひらのやごへえ)がイギリスから洋紙をつくる機械を買ったことがきっかけとなりました。その機械を,高知出身の政治家、後藤象二郎が大阪の商人たちとつくった,蓬莱社という会社が譲りうけました。もとは熊本藩の蔵屋敷(くらやしき)であったこの土地に、製紙工場を建てて洋紙をはじめてつくったのです。その後、何回か会社の名前がかわりましたが、第二次世界大戦のころまで、この地に工場がありました。
大阪市教育委員会

所在地:大阪府大阪市北区中之島5-3-51

[ここに地図が表示されます]


J0010240.jpg

J0010241.jpg




posted by かずぼん at 21:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みたらし祭り奉納手筒花火2017

罪や穢れ、災厄などを祓う「みたらし祭」の奉納手筒花火行事が行われます。大、中、小の手筒花火約120発が琵琶湖の湖上で打ち上げられます。奉納手筒花火は随時執り行われ、打ち上げ後には花火の筒が墨書のお札とともに返されます。
開催期間:2017年7月28日20:00〜、祭り/28日〜29日9:00〜21:00頃※雨天決行
開催場所:唐崎神社
交通アクセス:JR湖西線「唐崎駅」から徒歩10分
主催:日吉大社
料金:有料観覧席なし※花火奉納者には観覧席あり
問合せ先:日吉大社077-578-0009



posted by かずぼん at 20:52| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みたらし祭り2017

厄除、病気平癒、特に女性の病にご利益がある神様を祀る唐崎神社で、「みたらし祭り」が斎行されます。奉納された名前などを書いた人形や願い串を、神主が湖に流し、罪やけがれ、災厄などを祓う神事です。茅の輪くぐりや手筒花火の奉納、湯立神楽が行われます。
所在地:〒520-0106滋賀県大津市唐崎1-7-1
開催期間:2017年7月28日〜29日9:00〜21:00※花火/28日20:00〜湯立神楽/両日11:00〜、18:00〜
開催場所:唐崎神社
交通アクセス:JR湖西線「唐崎駅」から徒歩10分
主催:日吉大社
料金:無料
問合せ先:日吉大社077-578-0009



posted by かずぼん at 20:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

南御堂盆おどり2017

真宗大谷派難波別院(南御堂)の境内で盆おどりが開催されます。生演奏が響き渡り、北は北海道から南は九州まで約20曲が披露されます。先着で、夜店で使えるお楽しみ券や、竹製うちわのプレゼントもあります。例年3500人を超える人出で賑わい、夜店も多く軒を連ねます。※2017年は御堂会館建て替え工事中のため規模を縮小して行われます。
所在地:〒541-0056大阪府大阪市中央区久太郎町4-1-11
開催期間:2017年8月27日〜28日18:00〜21:30※小雨決行
交通アクセス:地下鉄御堂筋線「本町駅」からすぐ
主催:真宗大谷派難波別院(南御堂)
料金:無料
問合せ先:真宗大谷派難波別院(南御堂)06-4708-3272(代表)



posted by かずぼん at 19:56| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

盂蘭盆会万灯供養法要2017

先祖供養のための万灯供養法要が四天王寺で行われます。夕刻より中心伽藍内に、先祖の霊名を記した約1万本のろうそくが灯され、辺りは荘厳な雰囲気に包まれます。お経を唱えながら伽藍内を練り歩く僧侶の姿を見ることもできます。
所在地:〒543-0051大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18
開催期間:2017年8月9日〜16日夕刻〜21:00頃
開催場所:四天王寺中心伽藍内
交通アクセス:地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ケ丘駅」4番出口から南へ徒歩5分
料金:境内散策自由
問合せ先:四天王寺06-6771-0066



posted by かずぼん at 21:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

摩耶山笹おい七夕まつり2017

旧暦の七夕に、摩耶山上で「七夕まつり」が行われます。摩耶、六甲の山上の各施設に飾られていた笹飾りが、掬星台へ一堂に集められ、子どもたちがこれらの願いの短冊のついた笹飾りを持って、天上寺に行き成就祈願をします。掬星台では、星空のもとアニメと音楽の鑑賞を楽しむことができます。※当日17時以降に限り、まやビューラインは大人同伴の小学生は、運賃無料、さらに同伴の大人は2割引きとなります。
所在地:〒657-0105兵庫県神戸市灘区摩耶山町2-12
開催期間:2017年8月6日17:30(掬星台で受付開始)〜20:00頃
開催場所:摩耶山天上寺、摩耶山掬星台
交通アクセス:JR神戸線「六甲道駅」・「三ノ宮駅」から18系統のバス「摩耶ケーブル下」〜摩耶ケーブル「虹の駅」〜ロープウェー「星の駅」〜徒歩10分
主催:摩耶山観光文化協会
料金:参加無料
問合せ先:摩耶山天上寺078-861-2684



posted by かずぼん at 22:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

千日詣り2017

古来より8月9日と10日は観音功徳日で、この日に参詣すると、千日間続けてお詣りをしたのと同じ功徳が授かる特別な日とされています。四天王寺では、御祈祷が行われた厄除けのお札が六時堂内にて授与されます。
所在地:〒543-0051大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18
開催期間:2017年8月9日〜10日9:00〜21:00
開催場所:四天王寺六時堂
交通アクセス:地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ケ丘駅」4番出口から南へ徒歩5分
料金:回向・祈祷有料
問合せ先:四天王寺06-6771-0066



posted by かずぼん at 19:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

火ふり祭2017

日野祭の渡御のお旅所であるひばり野で、盆の夜空を彩る夏の風物詩となっている「火ふり祭」が斎行されます。上野田の氏神、五社神社で松明に火がつけられ、その年の日野祭のお稚児さん3人を中心とした松明の行列がひばり野へ向かいます。ひばり野へ到着すると、太鼓の合図とともに百数十本の松明が松の木に投げ上げられます。松の木に松明が多く溜まればその年は豊作とされます。100本以上の松明が一斉に弧を描いて宙に舞う様子は壮観な眺めです。
所在地:〒529-1642滋賀県日野町上野田951
開催期間:2017年8月14日〜15日【14日】19:30〜20:30頃【15日】20:00〜21:00頃
開催場所:ひばり野(口之宮神社)
交通アクセス:JR琵琶湖線「近江八幡駅」からバス約40分「日野高校前」すぐ、または近江鉄道本線「日野駅」からバス約5分「日野高校前」すぐ
問合せ先:日野観光協会0748-52-6577



posted by かずぼん at 19:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家島天神祭2017

菅原道真公ゆかりの家島神社で、毎年7月24日と25日に「家島天神祭」が斎行されます。家島諸島の代表的な夏祭りで、海上安全と五穀豊穣を祈願して神事が奉納されます。25日の昼宮には、龍頭のだんじり船が海上を渡ります。幟(のぼり)を立てた2隻の船上で、笛や太鼓によるお囃子の演奏にあわせて、勇壮かつ華麗な獅子舞が演じられます。
所在地:〒672-0102兵庫県姫路市家島町宮1番地(家島本島)
開催期間:2017年7月24日〜25日
開催場所:兵庫県姫路市家島神社(家島町家島本島)
交通アクセス:JR神戸線「姫路駅」から「姫路港行」の神姫バス「姫路港」〜「家島本島行」の船約35分「宮桟橋」〜徒歩15分
問合せ先:家島観光事業組合079-325-8777



posted by かずぼん at 18:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

府立大阪医学校跡

明治12年(1879)西本願寺掛所内にあった大阪府病院は、府立大阪病院と改称し北区常安町に移ります。そして昭和6年(1931)設置の大阪帝国大学医学部のもととなるそうです。現在は大阪大学中之島センターになっています。石碑等はなし。

所在地大阪府大阪市北区中之島4-3-53

[ここに地図が表示されます]


J0010236.jpg

J0010235.jpg

J0010237.jpg

J0010238.jpg



posted by かずぼん at 17:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

星田妙見宮星降り祭2017

弘法大師が獅子窟寺に籠もった際、七曜の星光が降り注いだとされる7月23日に、「星降り祭」が星田妙見宮で開催されます。式典をはじめ、大護摩供養や居合術、湯立て神楽、太鼓奉納が行われるほか、冷しあめの無料接待もあります。屋台もたくさん出店するほか、カラオケ大会や伊勢音頭、和太鼓妙見星太鼓、花木のぞみの歌謡ショーなどのイベントも催されます。
所在地:〒576-0016大阪府交野市星田9-60-1
開催期間:2017年7月23日式典/11:00〜、午後の祈祷/14:00〜、大護摩供養/16:00〜、湯立て神事/18:30〜
開催場所:星田妙見宮、星田会館
交通アクセス:JR学研都市線「星田駅」から徒歩15分もしくは京阪バス「妙見坂七丁目」下車
主催:星田妙見宮
問合せ先:星田妙見宮072-891-2003



posted by かずぼん at 16:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

祇園まつり(祇園神社夏祭)2017

疫病退散、水難除け、厄除けの御神徳があるとされる祇園神社で、毎年7月13日から20日まで「祇園まつり」が行われます。初日の朝11時の神事を皮切りに、8日間にわたる夏祭が始まります。毎晩18時から21時までは神楽が奉納され、笛や太鼓の音でいにしえの世界に導かれます。疫病や水難から逃れ、厳しい夏を無事過ごせるよう祈願する8万人を超える人々が参拝します。境内やその周辺道路には100軒近くの露店が所狭しと軒を並べ、大変賑わいます。サックス&ギターの神前奉納演奏もあります。※祇園の「祇」の字は、正しくはネに氏
所在地:〒652-0008兵庫県神戸市兵庫区上祇園町12-1
開催期間:2017年7月13日〜20日
交通アクセス:JR神戸線「三ノ宮駅」から7系統「神戸駅行」の市バス約15分「平野」〜徒歩5分
主催:祇園神社奉賛会
問合せ先:祇園神社078-361-3450



posted by かずぼん at 16:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

嵯峨天皇祭2017

平安京の完成や、雅楽の国風化などをすすめた嵯峨天皇の徳を偲び、梅宮大社で「嵯峨天皇祭」が開催されます。古くは命日の8月28日に行われていましたが、現在では8月最終日曜に行われます。少年相撲大会をはじめ、打楽器や吹奏楽の演奏、梅津六斎念佛踊や盆踊大会などが催され、梅宮が一年で最も賑わう日となります。なかでも京都の伝統芸能「六斎」が見物です。午後より露店も多数出店します。
所在地:〒615-0921京都府京都市右京区梅津フケノ川町30
開催期間:2017年8月27日祭典/8:30〜、少年相撲大会/9:30〜、梅津六斎念佛踊/19:00〜、盆踊大会/20:00〜
交通アクセス:阪急嵐山線「松尾大社駅」から徒歩15分
主催:梅宮大社
料金:無料※入苑(庭)は有料/大人550円、小人350円
問合せ先:梅宮大社075-861-2730



posted by かずぼん at 16:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四万六千日大祭2017

摩耶山天上寺の「四万六千日大祭」は、一年中で観音さまのご利益を最も多くいただける日として知られています。8月9日午前0時にはご本尊の観音さまに向けて、天から除災招福の星が下るという言い伝えがあり、多くの参拝者で賑わいます。8日は縁日にあたり、柴灯大護摩供や星下り会式、萬燈会などが執り行われます。※混雑が予想されるため、公共交通機関をご利用ください。
所在地:〒657-0105兵庫県神戸市灘区摩耶山町2-12
開催期間:2017年8月8日〜9日【1日目】開白法会/11:00〜、柴灯大護摩供/13:00〜、納涼盆おどり/18:30〜、萬燈会/19:00〜、星下り会式/23:00〜翌0:30【2日目】結願法会/14:00〜
交通アクセス:JR神戸線「六甲道駅」・「三ノ宮駅」から18系統のバス「摩耶ケーブル下」〜摩耶ケーブル「虹の駅」〜ロープウェー「星の駅」〜徒歩10分
主催:摩耶山天上寺
料金:入山料は志納※祈祷、供養、献灯篭などは当日受付(有料)
問合せ先:摩耶山天上寺078-861-2684



posted by かずぼん at 15:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風鎮大祭2017

天武天皇(675年)の御代に始まったと伝わり、1300年の歴史を誇る「風鎮大祭」が龍田大社で斎行されます。「暴風洪水がおこらない様に」との祈りを込めて、午前中に祭典、午後からは神賑行事が行われます。神社の神職の人々による手筒花火の奉納もあります。
所在地:〒636-0822奈良県生駒郡三郷町立野南1-29-1
開催期間:2017年7月2日奉納手筒花火/21:00〜22:00、神事/10:30〜12:00、各奉納行事/14:00〜22:00(花火は雨天中止)
交通アクセス:JR大和路線「三郷駅」から徒歩7分
問合せ先:龍田大社0745-73-1138



posted by かずぼん at 15:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

八咫の火祭り2017

古代、奥深い熊野の山に迷った神武天皇を、熊野の神の使いである八咫烏(やたがらす)が正しい道へ導いたという故事にならい、「人々を幸福に導く」をテーマとした“導きの祭り”が開催されます。揺れる「炎の神輿」が、総勢約70人からなる厳粛な時代行列とともに、熊野本宮大社からその旧社地へと延びる御幸道の和ろうそくの中を厳かに進みます。「地」を象徴する和太鼓(奥熊野太鼓)が力強く打ち鳴らされて地響きとなり、人々は賑わい「八咫踊り」を始めます。フィナーレは「天」に舞い上がる花火が夜空を染め、火祭りを飾ります。
所在地:〒647-1731和歌山県田辺市本宮町本宮1110
開催期間:2017年8月26日スタート/18:00※雨天の時は場所を変更して開催
開催場所:熊野本宮大社旧社地大斎原
交通アクセス:JRきのくに線「紀伊田辺駅」から龍神バス約2時間「本宮大社前」下車
主催:八咫の火祭り実行委員会
問合せ先:熊野本宮観光協会0735-42-0735



posted by かずぼん at 14:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地蔵盆施餓鬼供養・盆踊り・花火2017

日中にすべての餓鬼に飲食を供え、施しを与える「施餓鬼法会」と、それに引き続き「地蔵盆法会」が霊山寺大霊園で営まれます。夜には長浜の江州音頭による盆踊りとともに、精霊を慰めるために打ち上げられたスターマインなどの花火が頭上に広がります。
所在地:〒631-0052奈良県奈良市中町3879
開催期間:2017年8月22日施餓鬼法会/15:00〜、地蔵盆法会/16:00、盆踊り/19:00〜、花火/20:00〜※雨天中止(盆踊りと花火のみ)
交通アクセス:近鉄奈良線「富雄駅」から「若草台行」のバス約8分「霊山寺」すぐ、またはJR「奈良駅」から車約30分
主催:霊山寺
料金:有料観覧席なし
問合せ先:霊山寺0742-45-0081



posted by かずぼん at 14:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高松藩蔵屋敷跡

大阪市北区中之島にあるリーガロイヤルホテルの前庭に「蔵屋敷跡」の石碑がある。当地は讃岐高松藩蔵屋敷跡があった場所である。江戸時代の学僧、慈雲尊者は1718年(享保3年)この高松藩蔵屋敷に生まれた。13歳のとき大坂田辺の法楽寺で得度し、畿内各地で修行研究を重ね、京都で伊藤東涯に儒学も学んだ。彼の代表的な著書で、インドの原典を注釈した「梵学津梁」1000巻は今日なお世界の驚異といわれている。

所在地:大阪府大阪市北区中之島5丁目3(リーガロイヤルホテルの前庭)

[ここに地図が表示されます]


J0010239.jpg



posted by かずぼん at 14:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おこしや祭り2017

えびす様が居眠りをされたと伝わる御輿屋(おこしや)跡地で、神楽を奉納する神事が行われます。午後2時より西宮神社の本殿から跡地まで神輿渡御があり、「びわ」が無料授与されます(先着順、数に限りあり)。当日はスタンプラリーが行われ、スタンプを集めると各種景品がもらえるほか、神社境内には昔懐かしい縁日屋台が並び、大道芸も行われます。
所在地:〒662-0974兵庫県西宮市社家町1-17
開催期間:2017年6月14日14:00〜
開催場所:えびす宮総本社西宮神社〜本町通り(御輿屋跡地)
交通アクセス:阪神「西宮駅」から徒歩5分、またはJR神戸線「さくら夙川駅」から徒歩10分、またはJR神戸線「西宮駅」南出口から南西へ徒歩20分
主催:西宮神社
料金:無料
問合せ先:西宮神社0798-33-0321



posted by かずぼん at 14:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする