2017年11月26日

干支の引き継ぎ式2017

大阪のシンボルのひとつ、ビリケンさんで知られる通天閣で、再建された昭和31年(1956年)から続く、なにわの街でおなじみの迎春行事です。本物の動物が登場し、干支の引き継ぎ式が行われます。動物たちの可愛らしい引き継ぎの様子に、見ている人々の顔にも思わず笑みがこぼれます。地下わくわくランドは入場無料で、自由に見学することができます。※展望台へは別途入場料が必要です。
所在地:〒556-0002大阪府大阪市浪速区恵美須東1-18-6
開催期間:2017年12月27日10:00〜10:15
開催場所:大阪市通天閣地下わくわくランド
交通アクセス:地下鉄堺筋線「恵美須町駅」3番出口から徒歩3分、またはJR大阪環状線「新今宮駅」東口から北東へ徒歩10分
主催:通天閣
料金:入場無料※展望台へは別途入場料が必要
問合せ先:通天閣06-6641-9555



posted by かずぼん at 13:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

踏歌神事2018

踏歌神事は、古くから宮中で行われてきた「踏歌節会」を起源とし、現在では一部の神社に継承されるのみとなった珍しい神事です。住吉大社では、直垂を着用した所役による所作の後、神楽女による「白拍子舞」、「熊野舞」が奉納されます。最後には福を招く餅まきが行われ、すべての神事が終了となります。
所在地:〒558-0045大阪府大阪市住吉区住吉2-9-89
開催期間:2018年1月4日13:00〜
交通アクセス:阪堺電気軌道阪堺線「住吉駅」もしくは「住吉鳥居前駅」からすぐ、または南海本線「住吉大社駅」から徒歩3分
主催:住吉大社
料金:見物無料
問合せ先:住吉大社社務所06-6672-0753



posted by かずぼん at 13:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大弘ビル

低層部のデザインを上部と同じにするのは新しい感覚だった。但し1階のサッシを奥へ下げている。これなら庇をつけなくても済むし、ピロティ風のデザインにもなる。サッシが3分割されていて真ん中が前に出ている。引き違いになっているからだと思うが、それだけではなく光の加減でサッシに陰影を生じさせている。サッシの分割と陰影はこの頃の手法なのだ。黒いタイルで仕上げているのも珍しい。平成27年8月より撤去工事を行っています。隣接する大阪中央郵便局、アクティ西ビルと一体的に再開発され、高さ180mの超高層ビルへと生まれ変わる。2019年度に着工し、2022年度に完成する予定です。

建築年設計者不詳
所在地:大阪府大阪市北区梅田3



posted by かずぼん at 13:00| 建築物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白馬神事2018

宮廷の行事が伝わったとされる「白馬(あおうま)神事」は、一年の初めに白馬を見れば、その年は無病息災といわれる神事です。祝詞奏上の後、奉行2人と神馬舎人が神馬に付き添い、各本殿を巡拝します。次に駆足で第一本殿の周りを2周し、最後に各本殿の外周を一巡りして第一本殿に至り、拝礼して退出します。
所在地:〒558-0045大阪府大阪市住吉区住吉2-9-89
開催期間:2018年1月7日11:00〜
交通アクセス:阪堺電気軌道阪堺線「住吉駅」もしくは「住吉鳥居前駅」からすぐ、または南海本線「住吉大社駅」から徒歩3分
料金:見物無料
問合せ先:住吉大社社務所06-6672-0753



posted by かずぼん at 12:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

観心寺初詣2018

役行者が開創した真言宗の名刹、観心寺では、除夜の鐘撞きが終わると、正月三が日に約1万人ほどが初詣の参拝に訪れ、厄除けなどを祈願します。弘法大師や楠木正成にもゆかりのある寺で、本尊如意輪観音菩薩や金堂などの国宝をはじめ、数々の文化財を有するほか、桜や紅葉が美しい「関西花の寺」の二十五番霊場としても知られます。※駐車場があります。
所在地:〒586-0053大阪府河内長野市寺元475
開催期間:2018年1月1日〜3日
交通アクセス:南海高野線・近鉄長野線「河内長野駅」から南海バス約15分「観心寺」下車
問合せ先:観心寺0721-62-2134



posted by かずぼん at 12:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住吉大社初詣2018

古くから大阪では「正月は住吉さんから」といわれ、住吉大社の三が日は200万人余りの参拝者で賑わいます。境内は一年の幸を祈願する人々が絶えず、参道にはたくさん露店が立ち並びます。4日の13時からは福を招く餅まきなどがある「踏歌(とうか)神事」が、7日の11時からは神馬が境内を駆け巡る「白馬(あおうま)神事」などが行われます。
所在地:〒558-0045大阪府大阪市住吉区住吉2-9-89
開催期間:2018年1月1日〜3日開門/12月31日22:00〜1月1日22:00、2日〜3日6:00〜21:00※若水の儀/1日早朝5:00〜、元旦祭/1日早朝6:00〜、住吉踊奉納・獅子舞奉納/1日〜3日(3日は江戸芸かっぽれ共演)
交通アクセス:阪堺電気軌道阪堺線「住吉駅」もしくは「住吉鳥居前駅」からすぐ、または南海本線「住吉大社駅」から徒歩3分
主催:住吉大社
問合せ先:住吉大社社務所06-6672-0753



posted by かずぼん at 12:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

節分厄除大祭星祭2018

節分にあたる2月3日に一年間の厄を祓う節分厄除大祭星祭が、道明寺天満宮で斎行されます。神事のあと出てくる鬼にむかって豆まきをし、鬼が退散すると終了となります。
所在地:〒583-0012大阪府藤井寺市道明寺1-16-40
開催期間:2018年2月3日祭典/18:30〜、豆まき/19:00〜
交通アクセス:近鉄「道明寺駅」から徒歩3分
主催:道明寺天満宮
料金:無料
問合せ先:道明寺天満宮072-953-2525



posted by かずぼん at 12:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

百舌鳥八幡宮越年祭2018

6世紀頃の創建とされる由緒ある古社、百舌鳥八幡宮で、越年祭が開催されます。氏子役員の奉仕による午前0時の初太鼓(大太鼓)を合図に、参詣者を迎えます。境内には、大阪府の天然記念物に指定されている樹齢約800年の巨大なクスノキが茂ります。
所在地:〒591-8037大阪府堺市北区百舌鳥赤畑町5-706
開催期間:2018年1月1日〜越年祭/0:00〜
交通アクセス:JR阪和線「百舌鳥駅」東出口から南東へ徒歩10分
主催:百舌鳥八幡宮
問合せ先:百舌鳥八幡宮072-252-1089



posted by かずぼん at 12:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

庄内戎祭2018

庄内戎祭は、庄内神社の末社(大黒社、恵比須社)の大祭で、毎年1月9日から3日間にわたり行われます。庄内戎奉賛会、庄内敬神婦人会が中心となって、9日は宵戎祭、10日は本戎祭、11日は残り福戎祭として盛大に行われ、数万人の参拝客が訪れて、福笹などを授かります。
所在地:〒561-0833大阪府豊中市庄内幸町5-22-1
開催期間:2018年1月9日〜11日宵戎祭/9日、本戎祭/10日、残り福戎祭/11日
交通アクセス:阪急宝塚線「庄内駅」から徒歩15分、または阪急「梅田駅」から「上津島行」の阪急バス「島江」〜徒歩2分
主催:庄内戎奉賛会
問合せ先:庄内神社社務所06-6331-1287



posted by かずぼん at 12:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新桜橋ビルディング

1,2階のデザインが違うのは大阪合同ビルと同じだ。ここも外装が変わったが、それ以外はほぼそのままだ。屋上のガラス張りの円筒がひときわ目を引く。エレベーター機械室や高置水槽をまとめたものに見えるが、これほど大きいものは珍しいだろう。屋上の手摺り上のフレームも何に使うのだろうか。2015年に閉鎖。2015年9月にはテナントが退去したらしい。2017年に桜橋御幸ビルという高層ビルになるらしいです。桜橋御幸ビルは、御幸ビルディングが大阪市北区梅田2丁目に建設した地上14階、高さ59.91m、延べ9,577uのオフィスビルです。 1〜2階は店舗になります。 設計は日建設計、施工は大林組。 2017年9月末に竣工しました。

建築年設計者共に不詳
所在地:大阪府大阪市北区梅田2-1-24



posted by かずぼん at 12:00| 建築物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪天満宮お針まつり2018

針に感謝し労をねぎらう「お針まつり」が大阪天満宮で行われます。境内の吉備社での神事のあと、参拝客が大きなこんにゃくに折れた針や古くなった針を刺します(参加無料)。物品の販売や、ぜんざいなどのふるまい(なくなり次第終了、志納金必要)なども催されます。
所在地:〒530-0041大阪府大阪市北区天神橋2-1-8
開催期間:2018年2月8日神事/10:00〜10:30頃、催し物/10:30〜12:00頃
開催場所:大阪天満宮境内吉備社
交通アクセス:JR東西線「大阪天満宮駅」から徒歩3分
主催:大阪和服裁縫協同組合
問合せ先:大阪天満宮06-6353-0025、大阪和服裁縫協同組合06-6648-6888



posted by かずぼん at 10:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

庄内神社初詣2018

豊中市庄内地区の総氏神である庄内神社へは、正月三が日に1万人を超える参拝者が訪れます。大晦日の夜、神社に参集した参拝者は、元旦0時に打ち鳴らされる新年の太鼓と同時に参拝し、大神様に一年の無事を祈ります。元日9時からは湯立神事もあります。※境内へ車両乗り入れはできません。付近の道路は駐車禁止です。
所在地:〒561-0833大阪府豊中市庄内幸町5-22-1
開催期間:2018年1月1日〜3日
交通アクセス:阪急宝塚線「庄内駅」から徒歩15分、または阪急「梅田駅」から「上津島行」の阪急バス「島江」〜徒歩2分
問合せ先:庄内神社社務所06-6331-1287



posted by かずぼん at 10:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盛松寺修正会2018

弘法大師が立ち寄り、柚子味噌を伝授したと伝わる盛松寺では、修正会でお加持をしてもらうことができます。招福梅昆布茶のお接待もあります。
所在地:〒586-0004大阪府河内長野市楠町西1211
開催期間:2018年1月1日〜3日9:00〜15:00
交通アクセス:南海高野線「千代田駅」から徒歩10分
問合せ先:盛松寺寺務所0721-53-3037



posted by かずぼん at 10:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

八軒家浜船着場跡の近くにある石畳の階段

この付近は、古くは渡辺の津と呼ばれる船着場で、熊野街道の起点でもあった。平安時代中期から鎌倉時代にかけては「蟻の熊野詣」といわれ、人々はここで上陸して熊野に向かったといわれる。さらに江戸時代には、八軒家浜と呼ばれ、三十石船がつき、人の往来だけでなく、交易の場としてもにぎわった。

所在地:大阪府大阪市中央区石町1丁目

[ここに地図が表示されます]


J0010589.jpg



posted by かずぼん at 16:23| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三橋楼跡

江戸時代、料亭「三橋楼」が開業。高台に位置し、「天神橋」「天満橋」「難波橋」または「京橋」「天満橋」「天神橋」の3つの橋を眺望することができたため、三橋楼と命名した。1864年、新選組の近藤勇氏による献金依頼文書を、加賀屋徳兵衛が三橋楼に出向いて受け取っている。1868年、大久保利通氏が明治天皇に謁見したことを祝うため、小松帯刀、木場伝内、本田親雄、税所篤を招き、祝宴をあげる。1874年、井上馨氏、伊藤博文氏の働きかけにより、大久保利通氏、木戸孝允氏、板垣退助氏らによる「大阪会議」が行われ、三橋楼も開催地の一つとなった。 木戸孝允氏は、「囲碁会」を開催。大久保利通氏、五代友厚氏、税所篤氏(堺県知事)、内海忠勝氏(大阪府参事)、渡邊昇氏(大阪府知事)、伊藤博文氏らが参加。

所在地:大阪市中央区石町1丁目1-11天満橋ニュースカイハイツ前

[ここに地図が表示されます]


J0010592.jpg

J0010590.jpg



posted by かずぼん at 16:21| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

煤払祭2017

新しい年を迎えるにあたり、西宮神社では一年間の本殿のほこりを落とす年末恒例の煤払いが行われます。午前10時から本殿で今年の無事安泰に感謝する祝詞(のりと)をあげた後、神職が白衣袴に覆面姿で、長さ約4mの笹竹の特製のはたきなどを用い、本殿内部をはじめ、普段は掃き清められない天井近くの柱や壁などのほこりも落とします。
所在地:〒662-0974兵庫県西宮市社家町1-17
開催期間:2017年12月27日10:00〜
交通アクセス:阪神「西宮駅」から徒歩5分、またはJR神戸線「さくら夙川駅」から徒歩10分、またはJR神戸線「西宮駅」南出口から南西へ徒歩20分
主催:西宮神社
料金:見学無料
問合せ先:西宮神社0798-33-0321



posted by かずぼん at 21:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高津宮初詣2018

大阪隆昌の基を築いた仁徳天皇を祀る高津宮は、毎年多くの初詣客で賑わいます。1日には「歳旦祭」、3日には「元始祭」が斎行され、1日から3日までは「新年御神楽奉奏」も行われます(10時から16時まで随時受付)。
所在地:〒542-0072大阪府大阪市中央区高津1-1-29
開催期間:2018年1月1日〜【1日】歳旦祭/9:30〜【3日】元始祭/10:00※12月31日のみ17:00に一旦閉門し、23:00より開門、1月1日の日没(17:00頃)閉門
交通アクセス:地下鉄谷町線・千日前線「谷町九丁目駅」から徒歩5分
問合せ先:高津宮社務所06-6762-1122



posted by かずぼん at 19:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

勝尾寺新年柴燈大護摩祈願2018

日本最古の荒神とされる勝尾寺で「新年柴燈大護摩祈願」が執り行われます。深淵な煙に包まれながら、お願い事を書いた「護摩木」を火に投げ入れ、諸願成就をお祈りする特別な行事です。※正月三が日は、バスの乗降場所が臨時に設けられます。詳細はお問い合わせください(阪急バス豊能営業所/072-739-2002)。
所在地:〒562-8508大阪府箕面市勝尾寺
開催期間:2018年1月1日〜3日【元日】0:30〜、10:00〜、14:00〜【2日〜3日】10:00〜、14:00〜
交通アクセス:北大阪急行・地下鉄御堂筋線「千里中央駅」から車約20分もしくは阪急バス約30分「勝尾寺」〜徒歩1分
料金:1月1日〜5日/入山無料
問合せ先:勝尾寺072-721-7010



posted by かずぼん at 20:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盛松寺終い弘法2017

盛松寺で、甘酒接待のほか、大師ゆかりの柚子みそをお供物としていただくことができます(なくなり次第終了)。14時からは一年を無事に終えることができたことをお大師さまに感謝し、その徳をご先祖に廻すご回向が行われます。
所在地:〒586-0004大阪府河内長野市楠町西1211
開催期間:2017年12月21日9:00〜
交通アクセス:南海高野線「千代田駅」から徒歩10分
問合せ先:盛松寺寺務所0721-53-3037



posted by かずぼん at 20:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多治速比売神社とんどまつり2018

お正月の間、飾っていた松飾りや注連飾りなどを焚き上げる行事が、多治速比売神社で行われます。とんど焼の煙は、歳神様の旅立ちの印ともいわれます。当日は、厄除しょうが湯の無料授与もあります。
所在地:〒590-0101大阪府堺市南区宮山台2-3-1
開催期間:2018年1月21日9:00〜16:00
交通アクセス:泉北高速鉄道「泉ヶ丘駅」から1番乗り場「堺東駅行」もしくは2番乗り場「津久野駅行」のバス「宮山台2丁」下車
問合せ先:多治速比売神社072-297-0726



posted by かずぼん at 19:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする