2017年09月10日

瀧安寺鳳凰閣

切妻造・桟瓦葺、平屋建で、その北端に宝形造の楼閣をあげた形態で、平等院鳳凰堂翼廊の気分が表現されている。設計は武田五一、施工は高橋組。箕面山の中腹に位置し、石垣を高く築いた敷地に建ち、箕面川の渓流とともに優れた景観をつくりだしている。

所在地:大阪府箕面市箕面公園内

DSCN0678.JPG

DSCN0680.JPG



posted by かずぼん at 11:34| 神社寺散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英照皇太后・昭憲皇太后行啓の所

英照皇太后は孝明天皇の皇后、昭憲皇太后は明治天皇の皇后である。皇太后らが来られた記念碑。裏側には「昭和15年4月大阪府」と刻まれている。

所在地:大阪府大阪市中央区本町橋2番

J0010465.jpg



posted by かずぼん at 11:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

法妙寺

法妙寺(山号は本覚山)は近松寺とも通称し、寺伝によると1562年(永禄5年)の創建と伝わる寺院で、元は大阪城東辺にあったが、大阪夏・冬の陣後の復興整理のため、谷町筋8丁目寺町(現中央区谷町8丁目)に移転させられ、1967年(昭和42年)谷町筋の拡張のため、現在地に移転するまで在った。お寺の方のお話では、谷町に在った法妙寺は近松門左衛門の妻の実家が檀家だった関係で、近松門左衛門の墓が建てられていた。移転に際して、この墓も移転すれば、国史跡の指定が解除になるので、大阪市の要請もあり移転で出来なかったが、その他の近松の一族の墓や過去帳などは現在地に移転した。過去帳などは非公開であるが、数年前に大学の先生が研究のためにと要請があり、開示したことはあるとのことである。近松門左衛門の墓は移転できなかったが、谷町にある墓と同じような墓石を建て供養墓としている。

所在地:〒574-0014大阪府大東市寺川4-8-1

[ここに地図が表示されます]


J0010536.jpg

J0010537.jpg



ラベル:大阪府 大東市
posted by かずぼん at 11:00| 神社寺散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

時代祭2017

祇園祭、葵祭とともに京都三大祭の一つに数えられる「時代祭」が行われます。1895年(明治28年)、平安遷都1100年と平安神宮創建を奉祝する行事として始まり、京都御所建礼門前から烏丸御池、河原町三条、平安神宮までを練り歩く「時代風俗行列」が有名です。明治維新から延暦時代まで、時代ごとの衣装を纏った20列、2000人による行列は、長さ2kmにおよび、華やかな一大時代絵巻が繰り広げられます。
開催期間:2017年10月22日12:00〜16:00頃※雨天の場合は翌日に順延
開催場所:京都市京都御所建礼門前〜烏丸御池〜河原町三条〜平安神宮
交通アクセス:京都御所まで/JR「京都駅」から地下鉄烏丸線「今出川駅」下車、平安神宮まで/JR琵琶湖線「山科駅」から地下鉄東西線「東山駅」〜徒歩10分、またはJR「京都駅」から5系統のバス「岡崎公園 美術館・平安神宮前」〜徒歩5分
主催:平安神宮
料金:見物無料(有料観覧席あり)
問合せ先:平安神宮075-761-0221



posted by かずぼん at 07:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

万灯院衣替え(紙衣さん)2017

紙衣仏が着ていた紙衣を新しくする「万灯院衣替え(紙衣さん)」が四天王寺で執り行われます。お堂にて紙衣を背に当ててもらうと、病気や臨終の時に不浄の世話を人にかけないと伝わり、多くの参拝客が訪れます。
所在地:〒543-0051大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18
開催期間:2017年10月10日8:30〜16:00(受付は15:30まで)
交通アクセス:地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ケ丘駅」4番出口から南へ徒歩5分
料金:境内散策自由(一部有料)
問合せ先:四天王寺06-6771-0066



posted by かずぼん at 19:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

箕面街道の道標

「右豊中々梅花女学校道」「左箕面街道桜井谷村」と刻まれている。箕面街道は大阪方面から能勢街道を経由して豊中から勝尾寺へ向かう道。

所在地:大阪府豊中市本町

DSCN1976.JPG



posted by かずぼん at 19:00| 街道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第30回離宮月見の宴

千年以上の歴史がある月見の名所、須磨にある須磨離宮公園で「第30回離宮月見の宴」が開催されます。須磨一弦琴の演奏やピアノと尺八のデュオ、月見にまつわる講談などが楽しめるステージイベントのほか、「月見茶会」や、北須磨小学校児童の絵画映写、天体観測コーナーが催され、風情あるお月見が堪能できます。
所在地:〒654-0018兵庫県神戸市須磨区東須磨1-1
開催期間:2017年10月4日【第30回離宮月見の宴】17:00〜21:00【月見茶会】16:00〜※雨天中止
交通アクセス:JR神戸線「須磨駅」から75系統「妙法寺駅行」の市バス「離宮公園前」すぐ、またはJR神戸線「須磨海浜公園駅」から徒歩20分、または第二神明道路「須磨IC」から車すぐ(姫路方面)、または阪神高速「月見山IC」から車約5分(大阪方面)
主催:神戸市立須磨離宮公園
料金:入園料が必要/大人(15才以上)400円、小・中学生200円 月見茶会/一席400円(先着150人)
問合せ先:神戸市立須磨離宮公園078-732-6688



posted by かずぼん at 18:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石山寺秋月祭2017

紫式部が中秋の名月を眺めながら「源氏物語」の構想を練ったとされる石山寺で、月見の催しが行われます。夜間拝観があり、源氏物語の語りや舞踊が披露されるほか、邦楽の演奏やバンド演奏なども催されます。
所在地:〒520-0861滋賀県大津市石山寺1-1-1
開催期間:2017年10月4日〜5日18:00〜21:00(入山受付は20:30まで)
交通アクセス:京阪「石山寺駅」から徒歩10分もしくは京阪バス「石山寺山門前」下車
主催:一般社団法人石山観光協会
料金:夜間入山料600円
問合せ先:石山観光協会077-537-1105



posted by かずぼん at 18:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神戸菊花展2017

池泉回遊式日本庭園が美しい相楽園で「神戸菊花展」が開催されます。広い園内では、茶席をはじめ、コンサート&パフォーマンス、夜間開園&夜間ライトアップなどが行われるほか、10月21日から11月23日は重要文化財の旧ハッサム住宅が公開されます。10月21日と11月12日には、春と秋に数日しか公開されない船屋形が公開され、神戸市教育委員会文化財課の方による解説も行われます。
所在地:〒650-0004兵庫県神戸市中央区中山手通5-3-1
開催期間:2017年10月20日〜11月23日9:00〜17:00【夜間ライトアップ】11月1日〜5日/19:00まで(入園はいずれも閉園30分前まで)【旧ハッサム住宅公開】10月21日〜11月23日/9:00〜16:30【船屋形公開】10月21日、11月12日/解説11:00〜12:00、13:00〜14:00、14:30〜15:30※会期中無休
開催場所:神戸市立相楽園
交通アクセス:地下鉄山手線「県庁前駅」から北へ徒歩5分、またはJR神戸線「元町駅」から北西へ徒歩10分、または阪神「元町駅」から北西へ徒歩10分、またはJR神戸線「三ノ宮駅」から市バス「諏訪山公園下」〜南へ徒歩10分
主催:神戸市、神戸菊花協会、公益財団法人神戸市公園緑化協会
料金:入園料/大人300円、小人(中小生)150円
問合せ先:花と緑のまち推進センター078-351-6756(菊花展について)、神戸市立相楽園078-351-5155(会場イベントについて)



posted by かずぼん at 18:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酔芙蓉祭2017

「酔芙蓉の寺」の名で親しまれている大乗寺は、例年秋になると約1300本の酔芙蓉が境内を埋め尽くします。花をめでながら、茶席(有料)を楽しむこともできます。
所在地:〒607-8471京都府京都市山科区北花山大峰町38-1:開催期間
2017年9月中旬〜10月中旬
交通アクセス:地下鉄「御陵駅」から徒歩15分
問合せ先:大乗寺075-591-5488



posted by かずぼん at 17:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

玉造稲荷神社だんご茶会2017

大坂城の鎮守神として崇敬された玉造稲荷神社で、豊臣家、徳川家ゆかりのだんご茶会が開催されます。豊臣家などが千利休のお点前で茶会を催していた神社と伝わります。豊臣秀頼公銅像や千利休碑前で行われる裏千家による野点には、だんごや点心が出され、当時の風流を味わえます。
所在地:〒540-0004大阪府大阪市中央区玉造2-3-8
開催期間:2017年10月9日10:00〜15:00
交通アクセス:JR大阪環状線「玉造駅」・「森ノ宮駅」から徒歩6分
主催:玉造稲荷神社
料金:お茶券/1800円(だんご、点心付)
問合せ先:玉造稲荷神社06-6941-3821



posted by かずぼん at 17:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

坂越の船祭2017

神社から浜への行列と船団による船渡御が主要な催しとなる、大避神社の例祭「坂越の船祭」が行われます。昼過ぎに、宮出しがあり、鼻高、獅子舞などが順番に、ゆっくりと階段を下りていきます。祭りのハイライトともいえる船渡御では、2艘の櫂伝馬に曳かれた船団が生島のお旅所へ進みます。夕方には、海辺に火が灯され、船渡御に出た船が帰ってきます。昼間とは違った幻想的な風景が広がります。国の重要無形民俗文化財に指定されています。
所在地:〒678-0172兵庫県赤穂市坂越1299
開催期間:2017年10月8日宮出し/13:30〜、船渡御/15:00〜、還幸/18:00〜
交通アクセス:JR赤穂線「坂越駅」から「小島行」のバス「坂越港」〜徒歩5分、または山陽自動車道「赤穂IC」から車約20分
問合せ先:大避神社0791-48-8136



posted by かずぼん at 17:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正福寺

元亀元(1570)年に開基し、昭和16(1941)年にこの地に移転。本堂には珍しいステンドグラスがあります。昼と夜を表現した飛天が描かれている。

電話:072-762-0610
所在地:大阪府池田市石橋4丁目15-14

http://www.eonet.ne.jp/~showfuku-ji/

[ここに地図が表示されます]


DSCN2007.JPG

DSCN2008.JPG

DSCN2009.JPG



ラベル:大阪府 池田市
posted by かずぼん at 17:00| 神社寺散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

清風高校円形校舎

外側が廊下のように見えるがこれはバルコニーかもしれない。円形校舎は戦後の復興期に多く立てられた。少ない材料で最大の面積の建築が出来るのが特徴だ。また中央のホールから各室に入れるので廊下が不要で建物の面積の大部分を使えるのも利点だ。建築家坂本鹿名夫の特許があり、日本中で建てられたようだが現存校舎は少ない。ただしこの校舎が坂本の手によるものかは不明である。

建築年:1957年(円形校舎)
設計者不明
所在地:大阪府大阪市天王寺区石ヶ辻町12-16



posted by かずぼん at 17:00| 建築物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

門戸厄神秋季厄除大祭2017

門戸厄神の秋季厄除大祭には、厄除け祈願をはじめ、さまざまなご利益を授かろうと大勢の参拝者が訪れます。大般若転読法要と柴燈大護摩が行われます。
所在地:〒662-0828兵庫県西宮市門戸西町2-26
開催期間:2017年10月19日厄除け大般若転読法要/10:00〜、柴燈大護摩/14:00〜
交通アクセス:阪急今津線「門戸厄神駅」から徒歩10分
主催:門戸厄神・東光寺
問合せ先:門戸厄神・東光寺0798-51-0268



posted by かずぼん at 16:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神田まつり(例祭)2017

200年以上の歴史を持ち池田市の秋の風物詩となっている「神田まつり」が開催されます。伊勢音頭を唄いながら「幟(のぼり)」と「額灯」がそれぞれ宮入りし、神輿渡御が行われます。
所在地:〒563-0043大阪府池田市神田4-7-1
開催期間:2017年10月21日〜22日【1日目】だんじり巡行/13:30、額灯宮入/19:00【2日目】幟宮入/13:00、神輿渡御/14:00
交通アクセス:阪急宝塚線「池田駅」から徒歩15分
主催:八坂神社
料金:見物無料
問合せ先:池田市教育委員会生涯学習推進課072-754-6295



posted by かずぼん at 16:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

櫻井神社秋祭り(上神谷のこおどり)2017

雨乞いと豊作を祈願する「上神谷のこおどり」が奉納されます。ヒメコと呼ばれる魔除けの紙花を挿した竹籠を背負った鬼神2人と、三尺棒を持った天狗2人を中心に、総勢18人が国宝拝殿前で、鉦と太鼓で踊る神事芸能です。國神社で奉納された後、道歌を歌いながら練り歩き、櫻井神社へ向かいます。室町時代の風流踊りの影響がうかがえ、国の選択無形民俗文化財に指定されています。当日は、「氏子入り」「お神楽」「地車の宮入り」「秋季例大祭祭典」がこおどり奉納の前に行われます。
所在地:〒590-0121大阪府堺市南区片蔵645
開催期間:2017年10月8日11:00頃(予定)
交通アクセス:泉北高速鉄道「泉ケ丘駅」2番のりばからバス「桜井神社前」または「片蔵」下車
問合せ先:櫻井神社072-297-0043



posted by かずぼん at 16:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

観月祭2017

大神神社の祈祷殿前斎庭で、夕方より「観月祭」が開催されます。正面参道や境内に1000基もの雪洞や竹灯籠が灯され、幻想的な空気に包まれます。神職による雅楽や舞楽の演奏、巫女による神楽の奉納が行われるほか、神前では句会の優秀作が披講されます。日中には、観月野点(無料)もあります。
所在地:〒633-8538奈良県桜井市三輪1422
開催期間:2017年10月4日18:30〜
開催場所:大神神社祈祷殿前斎庭
交通アクセス:JR桜井線「三輪駅」から東へ徒歩5分、または近鉄大阪線「桜井駅」からバス「三輪明神参道口」〜徒歩10分
主催:大神神社
問合せ先:大神神社0744-42-6633



posted by かずぼん at 16:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勝浦八幡神社例大祭2017

海の男たちによる勇壮なお祭りとして知られる、勝浦八幡神社の例大祭が開催されます。午前中に神事があり、午後2時からは神輿、大黒天輿などの行列が町を練り歩き、夕方に勝浦漁港でフィナーレを迎えます。クライマックスには海の安全と大漁を祈り、男衆が神輿を担いだまま威勢よく海に飛び込みます。生活の場である海に神輿をお迎えした後、海路神社に静々と帰ります。海の町の“静”と“動”を感じられるお祭りです。
所在地:〒649-5334和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字勝浦859
開催期間:2017年9月17日例大祭/10:00〜
交通アクセス:JRきのくに線「紀伊勝浦駅」から徒歩15分
主催:勝浦八幡神社祭典委員会
問合せ先:勝浦八幡神社0735-52-1646



posted by かずぼん at 16:00| イベント(風物詩含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旧田中家鋳物民俗資料館

田中家は、古くから、河内国茨田郡枚方村(現在の枚方市枚方上之町)で鋳物業を営んだ家です。江戸時代の鋳物師は、公家の真継家(まつぎ)家の支配下にあり、田中家は北河内で唯一、正式に営業を許可された鋳物師でした。さらに、真継家から「河内国左右惣官鋳物師」に任ぜられ、河内の鋳物師を統率する営業規模の大きい由緒ある鋳物師として認められていました。田中家は、江戸時代を通じて、近隣の人々が日常生活に使う鍋・釜や農具のほか、寺院の梵鐘なども鋳造(ちゅうぞう)しました。明治以降、日本各地に近代的な工場がつくられてからも、伝統技術を守って営業を続けましたが、1965年頃に廃業しました。枚方市では、貴重な文化遺産である鋳物工場と主屋の寄贈を受け、両建物を移築・復元し、全国でも珍しい鋳造関係の専門資料館として整備しました。なお、展示施設(田中家住宅鋳物工場・主屋、弥生時代の復元住居、弥生時代の移設住居跡)については、耐震・改修工事に伴い閉館中です(平成29年10月3日オープン予定)。

○開館時間
午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分)

○休館日
・毎週月曜日(祝休日の場合は翌日)
・年末年始(12月29日〜1月4日)

○入館料
無料

○住所
大阪府枚方市藤阪天神町5-1
・JR学研都市線「藤阪」下車、徒歩7分
・京阪電車南口ターミナル1番乗場から、京阪バス「長尾駅」行き乗車、「藤阪」下車、徒歩5分

○電話番号(ファックス兼用)
072-858-4665

[ここに地図が表示されます]


J0010393.jpg

J0010394.jpg

J0010396.jpg

J0010395.jpg

J0010398.jpg

J0010397.jpg

J0010399.jpg

J0010401.jpg

J0010400.jpg



posted by かずぼん at 16:00| 博物館等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする